無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

拾惨の巻 キメツ学園③
~あなたside~
もぶ
もぶ
席替えだって!
モブ
モブ
マジ?俺、誰の隣だろう?
モブ
モブ
僕的には、冴木さんの隣希望っ!
はい。皆さん、改めましてこんにちは!
冴木あなたですっ!

ただいま、入学式が終わり席を決める頃でございます!
冨岡義勇
冨岡義勇
えー、出席番号順にしようと思うのだが、どう思う?
もぶ
もぶ
せんせーっ!それは嫌ですぅ~!
私ぃ、炭治朗くんの隣がいいですぅ❤
おいおい、もぶ、まさかのぶりっ子かよ()
モブ
モブ
俺はカナヲちゃんと隣がいい!
モブ
モブ
僕は冴木さんの隣g
冨岡義勇
冨岡義勇
うるさいぞ。
水の呼吸……
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
ちょっ、先生っ!
ストップですっ!
冨岡義勇
冨岡義勇
ん?あー、すまなかった。←
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
ここは、くじ引きで!
冨岡義勇
冨岡義勇
……そうだな。
ってことでくじ引きをする。
そう言ってくじ引きを持ってきてくれた。
私たちの前に置かれる。

そして、「いっせーのーで!」と私たちはくじを引いた。
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
5……
我妻 善逸
我妻 善逸
あなたちゃん、5!?
俺も5なんだけど!!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
マジ!?
やったぁぁぁぁぁあ!
善逸くんの隣だぁ!
あれ、なんでこんなに一人で喜んでるんだろう。
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
俺は4……だ。
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
私も……4!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
え?席近くないっ!?
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
ホントだ……!
あなたちゃんの前!
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
俺は善逸の前だな!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
俺は3だぁ!
神埼アオイ
神埼アオイ
あなたさんっ、私も3でした!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
アオイ?なんでここに!?
神埼アオイ
神埼アオイ
私もキメツ学園なんですよ。
カナヲさんの前ですかねっ!
まって、ここの班サイコーじゃんっ!
席を見るとこんな感じね!

      黒板
   モモ モモ モモ
   モモ モモ モモ
窓  モモ モモ モモ 廊下
   伊ア モモ モモ
   炭カ モモ モモ
   善あ

伊……伊之助 ア……アオイ
炭……炭治朗 カ……カナヲ
善……善逸  あ……あなた

モ……もぶ

クラスの人数は32人だから、私と善逸くんの席だけ孤立してる……()
もぶ
もぶ
あの班、顔面偏差値めっちゃ高すぎでしょっ!?
モブ
モブ
それなぁ。
モブの話を小耳にはさんでいると、
なんと、私たち人気らしい!
冨岡義勇
冨岡義勇
では、今から班にして話し合ってもらおうと思う。
始め。
冨岡先生の言葉で私たちは班の形にした。
そして、このあと、私たちは命がけのゲームをすることになるなんて……この時はそう思わなかった。