無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

陸拾壱話~返して~
~栗花落カナヲside~
しおりさんは、私たちを精一杯にらむ。
そして、私に殴りかかった。
瞬時にかわす。
冴木 しおり
冴木 しおり
私の姉を、返してよっ!
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
っ!残念だけど、まだ渡せない。
彼女が記憶を取り戻すまで!
冴木 しおり
冴木 しおり
なんでよ……っ!
私のお姉ちゃんは、元々は鬼なの!
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
えっ………?
冴木 しおり
冴木 しおり
んあっ!?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
嘘を言うんじゃねーっ!
アイツはしっかり鬼殺隊として働いてんだよ!
伊之助がしおりさんのみぞおちを狙って、殴った。
しおりさんは、あまり身体能力は高くないらしい。

けれど、血鬼術はとても強そうだった。
冴木 しおり
冴木 しおり
違う……っ!
お前らか!?
私の姉を狂わせたのは!
我妻 善逸
我妻 善逸
そんなことはしてないよっ!
俺らは、普通にあなたちゃんと過ごしてただけ!
ねぇ、あなたちゃんは、何者なの!?
冴木 しおり
冴木 しおり
姉が何者なのか知らないのか?
しおりさんの動きがピタッと止まった。
そして、すぐにどこかの席に座り直す。
冴木 しおり
冴木 しおり
私の姉を知らない……ッ!?
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
そうですよ^^*
あなたは、あなたさんの妹なんですよね?
教えてくれませんか?
しおりさんは、師範が近づくと、柱ということに気づいたのか、ためらった。

口止めされてるのかな。
冴木 しおり
冴木 しおり
……教えても、姉が死ぬだけだ。
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
どういうコトですか?
冴木 しおり
冴木 しおり
まあ、結論から言うと私の姉は鬼だ。
それは事実。
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
でも、あなたからは、鬼の匂いがしないっ!
冴木 しおり
冴木 しおり
……あなたの体の中には、鬼のあなたと、人間のあなたに分けられている。
つまり、多重人格ってこと……なのかな。
冴木 しおり
冴木 しおり
まあ、多重人格というたとえが分かりやすいかもしれない。
冴木 しおり
冴木 しおり
あなたと私は、姉妹で共に下弦の鬼だった。でも………
しおりさんは、一回言葉を切った。
そして、ニヤッと口角を持ち上げる。
冴木 しおり
冴木 しおり
う~ん。人間に話しても意味はないかなぁ。
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
なっ!?
そして、空に手を向けてパチンと指を鳴らす。
冴木 しおり
冴木 しおり
私と話をしたいなら、無現城に来るが良い。そしたら、真実を話してやろう。
そう言ったとたん、しおりさんは、霧を放ち、どこかへ、行ってしまった。

いや、無限城に帰ったと言った方が正しい。
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
……宣戦布告でしょうか??
冨岡義勇
冨岡義勇
一旦考えた方が良い。
今日は鬼殺隊全員で会議だな。
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
ですね
……これで最後の戦いになるのだろうか……??