無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

陸拾伍話~恋愛の予感⁉~
~善逸side~


俺たちはあなたちゃんのお願いを叶えるために、思い出している限りのあなたちゃんの過去の情報を教えてもらう。

でも、全く分からない……。


善逸「全然、分かんないよぉ"ぉ"!!」

あなた『こんな情報じゃ分からないよね』

カナヲ「藤の花公園で私たちと会った。そこから、覚えてないもんね………」


全くまえに進まないよぉ(泣)


炭治郎「でも、あなたの家は藤の花公園の近くってことだろ?」

善逸「そんな家、たくさんあるよ」

伊之助「炭治郎が鼻であなたの血を嗅いで、その血の匂いが一番濃いところに行けば良いんじゃね?」

カナヲ「ふふっ。何言ってるの?」

炭治郎「そんな俺が鼻いいなんて……」

善逸「だよn……。って、待って、それ、たぶん行けるんじゃね??」

あなた『たしかに‼』

炭治郎「でも、俺も何ヵ月も経った匂いなんて分からないし……」

善逸「そっかぁ………」


俺たちはまたふりだしに戻された。


胡蝶しのぶ「あら。そんなこと無いですよ~‼」

善逸「えっ⁉」


突然、現れたのは蟲柱の胡蝶しのぶさん。
しのぶさんに、このことを話したら早速、柱の皆も協力してくれることになった………らしい。

正直、皆が協力してくれるなんて思ってなかった。


胡蝶しのぶ「とりあえず、能力を引き出す薬があり
      ますよ‼」

炭治郎「えっ⁉本当ですか⁉」

胡蝶しのぶ「はい‼ただ……」

しのぶさんは1回言葉を切った。
そして、キリッとまえを向く。


胡蝶しのぶ「お願いがあります」

炭治郎「はい‼全然、聞きますよ‼」

あなた『できることなら‼』

胡蝶しのぶ「それは……」


皆はゴクリと唾を飲み込む。
そして、しのぶさんに目線を合わせた。


胡蝶しのぶ「やっぱり、女子トークで話しましょう‼」

炭治郎「ふぇ⁉」

伊之助「ふぉ‼←」

善逸「ふぁっ!?←」


て、冗談はさておき……。
女子郡はニヤッと口角をあげた。


カナヲ「分かりました^^*」

あなた『師範の好きな人、気になりますし‼』

全員「え?」

あなた『こ、コホンッ。皆の衆、どうした』


何か、これから恋愛が始まるらしいです。
~~
めっちゃ雑で申し訳ありませぇぇぇぇん!!
今回はお知らせで来ました‼

2月、すごい忙しいんですよ……。
まあ、定期テストもあるし、単元テストと呼ばれるヤバイやつがあるし……。

少し低浮上になりますが、これからも読んでくれると嬉しいです‼

では、また今度、お会いしましょ!!