無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

弐拾伍の巻 妹
~あなたside~
私は現在、皆さんと一緒にゆっくり下校中!
さっきの鬼との戦いでだいぶ体力を使ってしまったみたいだった。
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
それにしても、碧柱スゴかったなぁ。
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
分かる……!
我妻 善逸
我妻 善逸
あの人、刀を握って1ヶ月で柱になったんでしょ?
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
じゃあ、俺も柱になれるかぁ!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
う~ん……。
伊之助にはまだ早いかな
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
はっ!?俺だってなぁ!刀握って1ヶ月過ぎてんだよぉ!
伊之助は、プンスカ怒り始めた。
なんか……こーゆー時だけかわいいよね()

すると、突然曲がり角からある女の子が出てきた。

女の子は……パン食べてるわ()
竈門禰豆子
竈門禰豆子
あ、お兄ちゃん!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
へ?
我妻 善逸
我妻 善逸
お、お兄ちゃんっ!?
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
禰豆子!夜は危険だから出歩いちゃダメって言ってるじゃないか!
禰豆子……?


そういえば、お館様が……こんなことをいってた気がする。
お館様
竈門炭治郎は竈門禰豆子と呼ぶ妹がいる。妹は鬼だが、人間を喰わない。
だから、殺さないでやってくれないか?
その鬼がこの禰豆子ちゃんか!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
禰豆子ちゃんって言うんだね!
可愛いお名前……!
竈門禰豆子
竈門禰豆子
ありがとう!
禰豆子ちゃんは私より背が高い……。
それが気がかりだ。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
お兄ちゃん!早く帰ろうよ~!!
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
でも、禰豆子。
俺、善逸とちょっと話したい
ことがあるんだよ。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
え、そうなの?
じゃあ、仕方ないか……。
じゃ、皆またね!
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
禰豆子ちゃん、またね~✨
禰豆子ちゃんはさっき飛び出して来た道から戻っていった。

なぜか善逸くんは、固まってるけど。
我妻 善逸
我妻 善逸
炭治郎、あんな可愛い女の子いたのに……、なんで教えてくれなかったんだ?^^
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
え?知ってるかなって思っt
善逸っ!?
善逸くんの周りにはなぜか電気がまとわりついていた。

ちょっとまって!?

どういうこと!?
我妻 善逸
我妻 善逸
ソウカ……ソウダッタンダナ……
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
これは相当怒ってるね……
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
だね……。
善逸くんはカッと目を充血しちゃうんじゃないかってほど見開き、炭治郎に近づいた。
我妻 善逸
我妻 善逸
炭治郎……いざ勝負!
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
えっ!?ちょ、善逸落ち着けってば!
我妻 善逸
我妻 善逸
落ち着けるわけあるか
ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"あ"!?
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
え、ちょっ、ええっ!?
二人はおいかけっこしながら帰っていった。
その瞬間、伊之助はというと……。
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
俺も混ぜてくれぇぇぇえ!
最終的に私とカナヲ、二人で帰ることになっちゃった。