無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

陸拾話~大事件~
~栗花落カナヲside~
あなたちゃんが、思い出さなくなって、10日。
師範が言うには、もう思い出さないだろうって。
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
師範、学校行ってきます。
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
私もそろそろいきますね^^*
今日は教室で炭治郎とお話しよう………。
~~
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
炭治郎。おはよう。
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
おお!おはよう!
っ!
炭治郎は笑顔だったけど、私一人の姿を見て少し悲しんだ表情を見せた。
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
まだ………来てないのか?
私はうなずいた。
どうしよう。

どうすれば良いんだろう。
全く分からない。

けど、あなたちゃんは、自分が鬼殺隊であることは覚えている。

なら、なんで私たちのことは思い出せないの……?
我妻 善逸
我妻 善逸
炭治郎ぉぉおぉ!
あ………。
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
おい。あいつはまだなのか?
私はしぶしぶうなずく。
ごめんねとしか言えなくて。

でも、全てが私のせいだと言えば……私のせいになるし、全てが私のせいじゃないと言えば、私のせいでもない。
冨岡義勇
冨岡義勇
席につけ。
今日は転校生がいる。
その言葉で皆は席についた。
転校生………か。



冨岡先生は一旦、廊下に出てすぐ戻り黒板に名前を書いた。

その名前は………



『冴木しおり』



冴木………!?
冨岡義勇
冨岡義勇
冴木しおりさんだ。
どうぞ。
冴木 しおり
冴木 しおり
……。
入ってきて、すぐにお辞儀をした。
けど、すぐに顔をしかめて冨岡先生に向き直る。
冴木 しおり
冴木 しおり
私の姉はどこですか?
っ!

冴木………



あなたちゃんの名字………。


つまり、彼女は………あなたちゃんの………
妹??
冴木 しおり
冴木 しおり
皆さん、姉さんを知ってるの!?
しおりちゃんは、「やっと見つけた」と安心したように微笑んだかと思えば……。
冴木 しおり
冴木 しおり
なら、あなたたちには消えてもらいましょう^^*
そう言ったとたん、彼女の頭からは角が出た。
冴木 しおり
冴木 しおり
私の姉を殺したのはお前らだ。
私の姉を返せ。




………どういうこと?

しかも、鬼の角がはえてからわかった。


彼女はあなたちゃんに最後の戦いの時、血鬼術をかけた人だ………。