無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

惨拾漆の巻~走馬灯~
私は目を開けた。

でも、そこには綺麗な青い空間と白い雲が浮いている。

もしかして、ここって天国………?

私、死んじゃったの?
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
うっ………。こ、ここは………?
見渡す限りずっと青い空間が広がっている。
私は怖くなって震えた。

みんなはどこ?
禰豆子ちゃんは大丈夫になったの?
伊之助と善逸と炭治郎の傷は?
私は………死んだの?

「ねぇ、君。」

急にかけられた声。
私はビックリして振り向いた。


「君、死んでないよ。」
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
じゃあ、ここはどこなの?
「ここは走馬灯。君の走馬灯だよ。」
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
じゃあ、死ぬ寸前………?
「奥の方に川が見える。あれが有名な黄泉の国へ行ける川だよ。君はまだ行っちゃいけない。」
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
どうして行っちゃいけないの?
「君の母が断固拒否してるからだよ。」


お母さん………が?
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
ねぇ、私はどうすればいいの?
何をすれば良いの?
正直、生きるのに疲れた。
私には………もう………。
お母さんに見捨てられたあの夜。
私は藤の花がたくさん咲いてる公園に向かった。

そこでしのぶさん師範に会って、カナヲやアオイ、炭治郎、善逸、伊之助に。
冨岡さんに、むいくんに、蜜璃ちゃんに、伊黒さんに、煉獄さんに、不死川さんに、悲鳴嶼さんに、宇髄さんに。
会う時は自分の感情を隠して、笑顔を張り付けていた。

でも、それも疲れた。

何もかも疲れた。

今、思えば、私は家族がいないし、褒めてくれる人や必要としてくれる人がいない。


それだったら、死ぬ方がマシ。



そう思った瞬間だった。



パチン!




頬から鈍い音が出た。

ビンタ………された?
『あなた!何を言ってるの?』
お母さんだった。
『なんで、そんな弱音を吐くの!?
人は生きていかなくちゃいけない!
私だって本当はいきたかった………!』
お母さんは川の向こうにいる。
行きたい。

足を踏み入れようとした。

でも………
栗花落 カナヲ
栗花落 カナヲ
あなたちゃん………!
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
あなたさん………!
嘴平 伊之助
嘴平 伊之助
戻ってこい!
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
あなた………
竈門禰豆子
竈門禰豆子
ごめんなさい………!
我妻 善逸
我妻 善逸
あなたちゃん!
学校行こうよ!話そう!
冨岡義勇
冨岡義勇
………なんで………
時透 無一郎
時透 無一郎
あなた、また遊ぼうよ。
なんで帰ってこないの?
神埼アオイ
神埼アオイ
あなたさんっ!
帰ってきてください………!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃん………グスッ
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
おい!甘露寺を泣かせるな!
………帰ってこいよ!だいたいお前はなネチネチ
お館様
幻緑。戻ってきてほしい………
不死川実称
そろそろ戻って来ても良いんじゃないかァ?
宇随 天元
派手に死んでないぞ。
とにかく戻ってこい!
派手にな!←←
煉獄 杏寿郎
死んでは人生もったいない!
うむ!戻ってくるのだ!
悲鳴 嶼行冥
まだ………南無阿弥陀仏は言いたくない………
戻ってこい………!
皆の声が聞こえる。幻聴かもしれない。それでも、涙があふれてくる。
『あなたを必要としてくれる人はたくさんいるわ。』
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
………グスッうっ、わ、分かった………。私、行くよ!
『ふふっ。ありがとう。じゃあ、最後に碧の呼吸についての書物をあげるわ。』
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
え………?
『太陽光を絡めた技を書かれているわ。でも、碧の呼吸に終の型は無いのよ………。』
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
そっか………。
『じゃあ、頑張ってね。応援してるわ。あなたの心の中にずぅっといるからね!』
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
うん!お母さん!今までありがとう!
これからも………よろしくね………グスッ
『あ、じゃあ、あなた、笑って?』
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
こ、こう?ニコッ
『最後に笑顔を見れて良かったわ………。これからも頑張ってね。さあ、そろそろ行きなさい。』
冴木 (なまえ)
冴木 あなた
うん!分かった!
お母さん、またね・・・
『………っ!ええ。もちろんよ。』
私はお母さんに背を向けて走り出した。
~~
作者
作者
自分で書いてて泣いてしまった私は末期()
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
そうだな( ^ω^ )
作者
作者
なんか怖いんだけど。
あなたちゃんを死ぬ寸前まで持ってくんな!!
作者
作者
ゑ。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
令和コソコソ噂話ぃ~!
実は、作者は前回の話で最初は「浅い傷」って書いていて、ここの走馬灯の話は無かった事になってたみたいですよ。
何で変えたのでしょうかねぇ~^^*
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
ほんとですね。何で変えたのでしょうかねぇ~^^*
作者
作者
女子群が怖いんで、寝まーす!
おやすみぃぃぃぃぃい!
我妻 善逸
我妻 善逸
寝ていいのはあなたちゃんと禰豆子ちゃんだけだぁぁぁぁあ!?←←
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
では、また次回~♪
~1700文字~
スクロールお疲れさまでした。