無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第68話

陸拾捌話~放りだされちゃった件について~
~善逸side~

急に恋愛トークをすることになって、死んでも良いかなって思ってます。
どうも、我妻善逸ですッッ‼


炭治郎「よし‼最初はどうする?」

善逸「本当に話すのぉぉぉお⁉」

炭治郎「そう言ったじゃないか……」

伊之助「なんだよ。あいつ。うるせぇな」


本当に無理‼
無理‼無理‼無理‼無理‼

どーせ、あの、無一郎ってやつにバカにされるんだよっ⁉

俺の方が先輩なのに、何か先輩気取りしてるし‼


時透無一郎「へぇ~。そんな風に思ってるんだぁ~♪」

善逸「そうだよ~‼もう……ね、こんなのは……

    えっ()」


なぜか真上から声が聞こえて、俺は首を上に向ける。

そこには、指の骨をポキポキならして、怒りの形相をしたあの人がいた。


時透無一郎「君は少し出ていってもらった方が良さそうだね^^*」

善逸「へっ⁉あっ‼ちょっと⁉」


その瞬間、俺は部屋の外に放られちゃったんだ。

……て、テヘペロ?←

~あなたside~

廊下から突然、ドスンッと大きな音が聞こえた。
私たちは女子トークを終わらせ、外に出る。


胡蝶しのぶ「なんなんでしょう?」

カナヲ「……人が落ちた音?」

あなた『人が落ちるってけっこう、ヤバくない?』

胡蝶しのぶ「ですね」


それくらい、ここの家が古くなってる証拠だ。
私たちは意を決して、扉を開いた。


善逸「う、うぎゃぁぁぁぁぁあっ⁉」


そこには、汚い高音を出している善逸くんがいた。


あなた『ビックリしたぁ……』

カナヲ「……どうしているの?」

善逸「え、言わないとダメ?」

胡蝶しのぶ「そんな言ってはいけないことを、したんですか?^^*」

善逸「いやっ、そんなことじゃないですよっ⁉」

胡蝶しのぶ「じゃあ、何をしていたんです?」

善逸「ええっと……ま、枕投げ‼してました‼」

胡蝶しのぶ「……」


嘘だってまるわかりだ。
師範も怒りに震えて、拳を強く握りしめている。

師範の怒りも限界に近づくのか⁉

と、師範は、口を開いた。


胡蝶しのぶ「ふふっ。そうなんですね‼やっぱり、男子は元気で何よりです‼」


ほら。
私の予想通りの言葉を………、


ま、待て。


私とカナヲは顔を見合わせる。


あなた『し、師範‼これ、演技ですよっ⁉』

胡蝶しのぶ「……?何言ってるんですか?善逸くんの言っていることは、間違ってないじゃないですか?」

カナヲ「ま、まあ、とりあえず、良いじゃない‼げ、元気そうで本当に何よりよ‼」


カナヲ⁉
救いの手が無くなって、私は動きが止まる。


胡蝶しのぶ「あなたも疲れているんでしょう。眠った方が良いですよニコッ」

あなた『は、はぁい……』


私は盛大にため息をついたのだった。


~~


毎度、おなじみ、作者トークだよぉ‼

今日はね、謝罪&事件をご紹介しまーす。

とりあえず、謝罪から……。

本当に投稿できなくて、すみませんでしたぁぁぁ‼

私も、いろいろありまして……。

あのぉ、結論から言うと風邪で寝込んでました☆←

今は元気モリモリです‼


で、あと事件って言うのは……。

私の物語のメモのストックがすべて消えたと言うね………。

やばいんですよ。

なので、もおっと、低浮上?になるかと思いますが……よろしくお願いします……。

では、また‼お会いしましょ‼