無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

59
左馬刻サイド
左馬刻
左馬刻
『ーーーーーー‼︎』
一郎
一郎
『ーーーーーー!!』
こいつもつえーな…







前戦った時よりも強くなってる…







どういうことだよ……
なんか周りの奴らも集まってきやがる。






うぜーな…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
もうどっちか倒れたら…??
左馬刻
左馬刻
あぁ!?
ナメくさったこと言ってんじゃねえよ!!








一郎
一郎
わりいが、まだ終わらねえからな…
もう1ヴァースでケリをつけようとしたとき
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ねえねえ〜??
なにしてるの〜??
DJ姿のあなたが来た。
貴方サイド
大学生
大学生
ねえねえ!!
DJ L.catがまた来てる!!
大学生
大学生
なんでいるんだ!?
もう大学が大騒ぎ。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…よかった…来てもらえて…
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ねえねえ??
ここでラップバトルするのはいいけどさー、またにしない??
ここ文化祭だよ??
一郎
一郎
……どういうことだよ。
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ここね、一応文化祭やってるからさー、ここで暴れると…
サツ来るよ??
左馬刻
左馬刻
…おい、今なにしてんのかわかってねえのか…
あぁ??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
皆ごめんけどさー、これ本当は隠れイベントだったんだよね……
この2人がどんな感じでやってるのか一部見せたかっただけなの☆
ねえ!看板娘さん!!
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
え、あ、そうそう!!
またどこかでラップバトルするみたいだから宣伝的な??
それで2人がきてくれたの!!
だからちょっと今日はここまで!!
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
またラップバトルの日は教えるね!!
大学生
大学生
そ、そうだったんだ…
大学生
大学生
まあでも有名な人達来てたから楽しかったー!
みんなはどこかへと散っていった。
空却
空却
…どうにかなったな。
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
……本当だね…
左馬刻
左馬刻
チッ……
一郎
一郎
……わりいな、あなた…いやDJ L.cat。
大学荒らして…
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
まあ、サツが来なけりゃいいんじゃなーい??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
きたら銃兎さんがなんとかしてくれるよ。
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
どうだろうねー??
そうやって話してると










空却
空却
左馬刻がいねえぞ。
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
あれ、ほんとだ……
左馬刻さんがいつの間にかいなくなってた。
火貂組の部下
火貂組の部下
カシラっすか??
わからないっす。
俺らはもう帰ってもいいって言われたんでいいんですが…
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
…ちょっと探してくる……
あたしは左馬刻さんを探すことに。








とりあえず着替えないと……

















貴方
貴方
えー…どこ行ったの…??
とりあえずあたしは左馬刻さんを片っ端から探していた。
てか目立つならわかると思うけど……
大学生
大学生
お!!
看板娘!!
どこ行くの??
貴方
貴方
え、いや、ちょっと人探してるだけ…
大学生
大学生
えー、そんなことしてる暇だったらさーどこか行かない??
どこのが他大学の男性が手をつかんできた。
貴方
貴方
いや、ちょっと人を探してるから…
大学生
大学生
俺らと回らない??
貴方
貴方
ひゃっ!!
くびれに手を回された。






すると




ガシッ
大学生
大学生
いでっ!?
貴方
貴方
…え??
大学生が痛みを訴えた。












左馬刻
左馬刻
…おいテメェ……
こいつに手ェ出すんじゃねえよ…クソ野郎。
左馬刻さんが大学生の手を掴んでいた。
大学生
大学生
は!?
なんだよてめえ…って碧棺左馬刻!?
左馬刻
左馬刻
…俺様の女に手ェ出すなんざ…いい度胸だなぁ…あぁ!?
大学生
大学生
お、俺様の女って……
すると






グイッ







チュッ
貴方
貴方
!?
あたしは左馬刻さんに腕を引っ張られてキスをされた。
左馬刻
左馬刻
こいつはな、俺様の大事な女なんだわ。
手ェ出したりしたら…どうなるかわかってるよな??
大学生
大学生
ひっ!!
左馬刻
左馬刻
てめえらもよく聞け!!!
こいつは俺様の女だ!!!
こいつに手ェ出したら容赦しねえぞ!!!
誰でもぶっ潰してやる!!!!
左馬刻さんは周りに聞こえるように言った。


周りからはざわいついた声。
左馬刻
左馬刻
…行くぞ。
左馬刻さんはあたしを引っ張り、大学の構内へと入っていった。






周りから驚いた声がたくさんあった。