無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

44
貴方
貴方
な、なんか寒気しなかった…?
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
う、うん…
あまり気にないでおこうよ…
なんか背中がぶるっとした。






なんでだろう。
そんなことをいいながらプールで浮き輪を持って泳いで行くことに。
貴方
貴方
うーわー…気持ちいいねえ…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ほんとだね…
浮き輪で浮いてるだけだけど…
友達はなぜか男の人たちにナンパされていた。






なのであたしたちは分かれて二人で泳いでいた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
最近左馬刻さんとどうなの??
貴方
貴方
うーん…
普通かなー…
早苗は??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
まあ銃兎さんが警察だからね…
あまり会えない時はあるけど、仕事中にbarに来るのよ。
いいけど…怒られないのかなって思って…
貴方
貴方
それほど銃兎さん好きなんだろうね。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
い、いやそうじゃないだろうけど…!!///
あー早苗が照れてる。



珍しいな、こんなこと無かったのに…





そんなことを考えていたら
女性
女性
ねえねえ!!
あの人たちかっこよくない!?
女性
女性
ほんとだ!!!
二人でプールなのかな??
女の人たちがキャーキャーいってた
貴方
貴方
なんの騒ぎだろうね…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ほんとだね…
あたしたちは騒ぎがあるところを見ると
貴方
貴方
Σ!?
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…なんでいるの!?
あたしたちは驚いてしまった。






そのさきにいるのは


























左馬刻
左馬刻
あいつらどこにいんだよ。
銃兎
銃兎
困りましたねえ…
水着姿の左馬刻さんと銃兎さんがいた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
待って。
なんで知ってるの??
貴方
貴方
え!?
なんでかな!?
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
と、とりあえず逃げるか…!!
あたしたちはプールから出ようとすると
大学生
大学生
あなたー!!
早苗ー!!
どこいくのー??
貴方
貴方
Σ!?
友達が大きな声であたしたちを呼んでしまった。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ちょっと!!
大きな声で呼ばないでよ!!
そんなことを言ってあたしたちは左馬刻さんたちをみた。
銃兎
銃兎
………
左馬刻
左馬刻
………
貴方
貴方
…あ。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…目があったよね、今。
あたしと早苗は左馬刻さんたちと目があったことを確認。
そして近づいてくる…
貴方
貴方
やばい、これは本当にやばい!!
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
逃げるよ!!
あなた!!
貴方
貴方
う、うん!!
あたしと早苗は浮き輪を持って逃げていく。
左馬刻
左馬刻
おい!!
あなた!!
銃兎
銃兎
…とりあえず追いましょう。
これは厄介ですね…
捕まえたら…どんなことしてやろうか…
左馬刻
左馬刻
…俺ぜってー銃兎と同じこと考えてんだわ…
銃兎
銃兎
…さあ??
どうでしょう??
プール場での鬼ごっこが始まった、







プールで走ってはいけません!! 






でも四人は本気なんだろう、きっと