無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33
主催者
主催者
さて、ここの人たちがいるのは残りわずかになりました!!
残りの人にはさっきの会場にきてもらいましょう!!
主催者から放送が流れた。
左馬刻
左馬刻
っ!!
あのくそ野郎!!!
貴方
貴方
一郎たちがやられたってこと…??
左馬刻
左馬刻
……そうだろうな…
貴方
貴方
…残りわずかって……
左馬刻
左馬刻
とりあえず行ってぶっ潰してくるわ。
貴方
貴方
まって、あたしも行きます。
左馬刻とあなたはさっきのパーティー会場に向かった。
パーティー会場
貴方
貴方
ここ…
爆発した場所なのに……
なんできれいになってるの…??
さっき爆発した場所は跡形もなく綺麗になっていた。
主催者
主催者
ようこそ、最終決戦へ。
主催者が現れた。
左馬刻
左馬刻
てめえ!!!
こんなことやりやがって……!!
ブチ殺 すぞ!!!
主催者
主催者
おっと…これ以上動いたら…
爆発させますよ。
貴方
貴方
いいえ、もう爆発は解除した。
だからもう爆発なんてしない。
主催者
主催者
いや?
解除してない場所が…
もう一つある。
左馬刻
左馬刻
!?
主催者
主催者
…チヨダディビジョンにもう一個仕掛けた。
貴方
貴方
…どういうこと?
主催者
主催者
あくまであの爆発物は実験のようなもの。
だからあれには用無し。
私の目的は…MC catをおびき寄せること。
それが女性だったなんてね……
貴方
貴方
!!
主催者
主催者
だから……
ヴォォォン
主催者
主催者
貴方が欲しいんです。
だから私の実験台に…!!!
貴方
貴方
違法マイク!!
左馬刻
左馬刻
あなた!!
逃げろ!!
主催者
主催者
『ーーーーーー‼︎』
主催者がヒプノシスマイク で攻撃をする。





左馬刻はあなたのところへ行こうとしたが



ドンッ!





あなたのところへあたり、間に合わなかった。
左馬刻
左馬刻
あなたーーーー!!!!!
あなたは倒れてしまった。
そして……
貴方
貴方
………
あなたは起き上がり
貴方
貴方
………ぶっ殺 す。
碧棺左馬刻。
左馬刻を標的にし、ヒプノシスマイク を起動する。