無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

60
大学の教室






どこかわからないところ。






部屋はあまり広くない場所。





ガチャ





扉を閉めたとき
貴方
貴方
んんんっ!!!///
あたしは左馬刻さんにキスされた。





今回はちょっと濃厚。





激しい。
全然やめてくれない。
貴方
貴方
んんっ!!///
さ…さまと…き…さん!///
左馬刻
左馬刻
…あ?
なんだよ…
貴方
貴方
は、は…な…して!!///
い、き…でき…な…い!!///
左馬刻
左馬刻
……テメェ…
出歩くなっつっただろーが。
左馬刻さんはキスをやめてくれた。






やっと息できる…
貴方
貴方
だ、だって…仕事…あるから…しかたないでしょ…///
左馬刻
左馬刻
んで?
俺様に何も言わずにその格好か??
他の男にでも見せつけてえのか?
貴方
貴方
ち、ちがいます!!///
左馬刻
左馬刻
…お前のことジロジロ見てるやつなんて沢山いたと思うけどなぁ……
貴方
貴方
……あたし、そんな変な格好ですか…?
左馬刻
左馬刻
…あ?
貴方
貴方
だって、いつも怒るから…
だめなのかなって……
左馬刻
左馬刻
そういうわけじゃねえよ…
貴方
貴方
じゃあどういうことですか…
左馬刻
左馬刻
…こんな露出たけえ格好すると、さっきみてえな男がよってくんだよ…
貴方
貴方
…??
左馬刻
左馬刻
…だからお前は……
貴方
貴方
…ごめんなさい…嫌だったらこんなことやめます…
左馬刻
左馬刻
別に嫌とは言ってねえよ。
貴方
貴方
じゃあなんですか…
左馬刻
左馬刻
…だからそんな格好するなら俺だけの前にしろ!!
さっさと帰るぞ!!
左馬刻さんはスーツのジャケットをあたしの肩にはおらせた。






あれ、これってもしかして…
貴方
貴方
…嫉妬??
左馬刻
左馬刻
あ??
貴方
貴方
…なんでもないです。
左馬刻さんは、嫉妬してたんだろうなとふと思った。










こんな左馬刻さんも好きだけど……





左馬刻
左馬刻
…その格好、似合ってる。
貴方
貴方
へ??
今なんて??
左馬刻
左馬刻
…なんでもねえ。
帰るぞ。
この後、左馬刻さんは家に帰った後めちゃくちゃあたしにキスしてきた。




そしてめっちゃ写真撮られました。




ーーーーーーーーーーーー

最近仕事してからすぐ寝ること多すぎて…




誤字脱字多いときあるのでごめんなさい…






次のお話なにしようかな…






ネタつきそうだけど…





頑張ります笑笑