無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

34
左馬刻サイド
貴方
貴方
『ーーーーーー‼︎』
ドンッ!!!
左馬刻
左馬刻
っ!!!
なんだよあいつ…!!!





操られているかのように動いてやがる!!





MC D.L catになってるのか!!
あいつの攻撃はかなり厄介だ。




攻撃を倍にするのと麻痺させる。







体が動かねえ…
主催者
主催者
ふはははは!!!
これがヒプノシスマイク の力だ!!
これで何もかも操られる!!
左馬刻
左馬刻
チッ……!!!
あいつを傷つけたくねえ…



でもやるしかねえのか…
左馬刻
左馬刻
『ーーーーーー!!』
ドンッ!
貴方
貴方
っ!!
あなたは攻撃をされて倒れるが







人形のように起き上がる。
左馬刻
左馬刻
おいあなた!!!
目ェ覚ませ!!!!
貴方
貴方
………
あなたは下向いたまま。
左馬刻
左馬刻
お前なぁ……そんな操られるほど弱い奴じゃねえだろ!!!
てめえ…目ェ覚めねえと…ブチ殺 すぞ!!!
主催者
主催者
無駄だ!!
そんな声なんか聞こえない!!
さあ動け!!
くそ主催者…!!!







しかし



貴方
貴方
…………左馬刻さん。
助かり…ました…
左馬刻
左馬刻
!?
ガリッ!!!
あなたは自分の右腕を自分の歯で噛んだ。
…どういうことだよ!!!




あいつ…!!!
貴方サイド
あれ……






あたし今……なにしてるの……?






何にも見えない……





体動かない……
左馬刻
左馬刻
目ぇ覚めないとぶっ殺 すぞ!!
あれ、左馬刻さんの声だ…




あ…あたしは…今、操られてたのか…






ようやく自分のことわかってきた。

ガリッ!!
あたしは自分の腕を噛んだ。
そして……






やっと意識がはっきりしてきた。
貴方
貴方
……はぁ…
痛いなぁ…
自分の腕噛んだの初めて…
主催者
主催者
馬鹿な!!!
マイクの洗脳が解けたのか!!
左馬刻
左馬刻
…大丈夫かよ。
貴方
貴方
…左馬刻さんこそ大丈夫ですか??
左馬刻
左馬刻
…かなりやべえよ。
お前のスキルは…
貴方
貴方
もう大丈夫ですよ。
そしてあたしはマイクを持ち
貴方
貴方
『ーーーーーー!!』
左馬刻さんに回復と防御を行なった。
左馬刻
左馬刻
!!
貴方
貴方
…せめて麻痺は取れたはずです。
これで左馬刻さんも思うように攻撃できるはず。
主催者
主催者
!!
A.L catの仕業か!!!
貴方
貴方
悪いね、おじさん、
あたし、天使と悪魔を両方持ってるので。
なめないでいただきたい。
主催者
主催者
このクソ野郎!!!
左馬刻
左馬刻
こっちのセリフだクソ野郎!!!
そういって左馬刻さんはヒプノシスマイク で攻撃する。
主催者
主催者
うわぁぁぁぁぁ!!!
ドンッ!!!
主催者は壁にぶつかり、倒れた。
!!
リモコン!!
あたしはとっさに主催者のところへ行きリモコンをとった。






そして






ガシャ!!!
リモコンを壊した。
貴方
貴方
これで大丈夫か…
爆発は免れた。
バキッ!!




ドンッ!!!!





ドカッ‼︎‼︎
貴方
貴方
!?
左馬刻
左馬刻
このクソ野郎が‼︎‼︎
俺様の大事な女傷つけさせやがって‼︎‼︎
左馬刻さんが主催者を殴り始めた。
貴方
貴方
さ、左馬刻さん!
左馬刻
左馬刻
てめえ…‼︎‼︎
死ぬまで許さねぇぞ……‼︎‼︎
主催者
主催者
……天慈組テンジグミが……
MC catを狙ってる…
………碧棺左馬刻………
まずは…お前が……
貴方
貴方
…どういうこと??
左馬刻
左馬刻
天慈組のモンかてめえ……
お前…俺様とあなたに手ェ出したからなぁ…
容赦しねえぞ‼︎‼︎
左馬刻さんはまた殴り始める。
貴方
貴方
やめて…‼︎‼︎
これ以上やると…死んじゃう…!!!
左馬刻
左馬刻
あぁ!?
テメェは黙ってろ‼︎‼︎
貴方
貴方
でも…‼︎‼︎
左馬刻
左馬刻
さっさと消え失せろ‼︎‼︎
貴方
貴方
っ!!!
あたしは言い返せなくなった。
その時
銃兎
銃兎
おい!!
左馬刻!!
銃兎さんが駆けつけてくれた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あなた!!
大丈夫!?
貴方
貴方
早苗……
早苗も来てくれた。
銃兎
銃兎
左馬刻!!
やめろ!!
銃兎さんは左馬刻さんを止めさせた。
貴方
貴方
………ごめん…
ちょっと……
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…………あなた。
貴方
貴方
一人にして………
あたしは1人外に出た。






…左馬刻さんの言葉と行動が…






頭の中で横切る。








すごく怖い…









これがヤクザなんだって……









左馬刻さんの顔がものすごく怖かった…







あたしをものすごく睨みつけていた。








こんなことなかったのに……