無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
barの近く
モブ1
モブ1
あなたさん‼︎‼︎
これじゃあもうキリがないっすよ!
貴方(男装)
貴方(男装)
いや、まだやる。
…てめえら…
俺の場所荒らしやがって……
ぶっ殺 すぞ。
男性
男性
あァ!?
てめえ‼︎‼︎
今からここでぶっ潰してやる!!
チンピラ二十人に対しあなた一人で戦う。



ヴォォン




あなたはヒプノシスマイク を起動した。




しかし…
貴方(男装)
貴方(男装)
!?
違 法マイク!?
あいてがもっているのは違 法マイク。
男性
男性
てめえをぶっ潰してここのディビジョンもらってやる‼︎‼︎
そうして相手の攻撃がくる。

※ラップ能力ないですが、『』にします。
マジで語彙力ないですすみません。



ドンッ!!!!
男性
男性
どうだ‼︎‼︎
攻撃と体を締め付ける最強のヒプノシスマイク !!!
手も足もでねえだろ!!
貴方(男装)
貴方(男装)
チッ…
体が…熱い…
こうしてあなたの攻撃も入る。
貴方(男装)
貴方(男装)
『マジ邪魔 てめえは どこの野郎だ 捻り潰すぞ このクソが ここのディビジョンなめんじゃねぇぞ ここにはお前らのいる場所じゃねえ shut out‼︎ 』
ドンッ!!!!



大きな攻撃を受け、複数人は倒れたが、まだ立てる奴らはいる。
貴方(男装)
貴方(男装)
…なんで立っていられるんだよ…
うっ…
男性
男性
体が動かねえようだな…
これは自分が攻撃するとその倍に自分に返ってくるからなぁ…
このマイクは。
貴方(男装)
貴方(男装)
っ…!!
そして、また相手が攻撃をすると
貴方(男装)
貴方(男装)
うあっ!!
さらに攻撃され、体が熱くなる。
そしてめまいも出てきた。
男性
男性
んだよ…まだ立たんのか…
男性
男性
つかこいつ、女じゃねえか…
貴方(男装)
貴方(男装)
っ!!
男性
男性
女がなんでここにいやがる…!!
ドンッ!!
貴方(男装)
貴方(男装)
っ!!
チンピラに腹を蹴られ、倒れた。
男性
男性
…こいつ連れてくか。
いい餌になるだろう。
貴方(男装)
貴方(男装)
うっ……あぁ……
モブ2
モブ2
あなたさん‼︎
あなたをチンピラが連れて行こうとする時
ドンッ!!!
男性
男性
ぐはっ!!!
あなたを連れて行こうとしたチンピラが飛ばされた。
男性
男性
な、なんだよてめえら!!!









































































左馬刻
左馬刻
おいテメェら……うちの女返せや。
クソ野郎が…‼︎‼︎
銃兎
銃兎
まったく、女性を蹴るなんて…最低な奴らだな。
理鶯
理鶯
小官はお前らを敵とみなす。
MAD TRIGGER CREWの三人がきた。
男性
男性
な、なんで横浜ディビジョンのやつらがいるんだよ‼︎‼︎
左馬刻
左馬刻
悪りぃな。
ここの千代田ディビジョンとは仲が良くてなァ……
テメェらうちの女に手を出したらどうやるか教えてやらねぇとなァ…?(殺 気
男性
男性
ひっ‼︎‼︎
貴方(男装)
貴方(男装)
な、なんれ…ここに…いるんれすか……?
銃兎さん、理鶯さん…。
銃兎
銃兎
早苗さんから電話が来たんですよ。
なぜ一人でここに来たんですか…
左馬刻も止めたはずじゃ…
理鶯
理鶯
む。
あなたの体が熱い。
呂律もまわってない…
どう言うことだ…
理鶯はあなたを抱き抱えた。
モブ2
モブ2
入間さん、毒島さん。
これは違 法マイクです…
かなりやばいので…
銃兎
銃兎
どうしてやつらが持ってやがる…‼︎‼︎
左馬刻
左馬刻
テメェら…ぶっ潰してやる‼︎‼︎
そういって、左馬刻はヒプノシスマイクを起動した。
貴方(男装)
貴方(男装)
や、やめて……左馬刻さん……
理鶯
理鶯
ダメだ。
見るな、あなた。
これは余りにも見せられない。
銃兎
銃兎
左馬刻、相当怒ってやがる。
これは俺たちじゃとめられねえぞ…‼︎‼︎
どんどん敵が倒れていく



それでも左馬刻はヒプノシスマイク をやめない。
貴方(男装)
貴方(男装)
さ、左馬刻さん…
やめて……
声が届かない。
その時
理鶯
理鶯
!?
あなた、どういうつもりだ…
貴方(男装)
貴方(男装)
…大丈夫れす…
まだ立てる…
そういって理鶯から降りて、左馬刻に近づいた。
銃兎
銃兎
!!
あなた!!
それ以上近づくな!!
貴方(男装)
貴方(男装)
大丈夫……
そして左馬刻の後ろに行き
ギュッ





後ろから抱きしめた。
左馬刻
左馬刻
‼︎‼︎
誰だ…離せ。
あなたはそれでも離さない
左馬刻
左馬刻
…あなたか…
もうちょっとで縛り上げる。
やめたらこいつら逃すことになる…‼︎‼︎
後ろにいるのはあなただと気づいた左馬刻。
貴方(男装)
貴方(男装)
もう…もういいから…
やめて…ください……
もう…十分だからぁ……
左馬刻
左馬刻
………お前はそれでいいのか。
貴方(男装)
貴方(男装)
もう…誰も…傷つけたくないの……
嫌だよ…左馬刻さん……
もう…やめて…
左馬刻
左馬刻
…チッ。
左馬刻はヒプノシスマイク での攻撃をやめた。
バタっ
あなたは、安心したのかその場で倒れた。
左馬刻
左馬刻
‼︎‼︎
あなた‼︎‼︎
銃兎
銃兎
…左馬刻。
ここは俺に任せて、車に乗って家に帰れ。
この違 法マイクはかなり危険だ。
俺の部下に任せておくから先に行け。
左馬刻
左馬刻
あァ…わりぃな。
理鶯
理鶯
小官は、左馬刻と一緒に行く。
早く体を冷やさないと熱いぞ。
左馬刻と理鶯はあなたを連れて家に戻ることにした。
銃兎
銃兎
……このマイクは…
調べる必要があるみたいですね…
銃兎は、チンピラを逮捕し、マイクの事を調べることに。