無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

49
チヨダディビジョン
左馬刻
左馬刻
こんなに広くやってんのか…
こりゃすげーな……
貴方
貴方
そうなんですよ。
ここの人たちみんないい人で、はりきってるんですよ。
モブ2
モブ2
あなたさん!
左馬刻さん!!
お疲れ様っす!
貴方
貴方
あ、朝から準備ありがとう。
今日は平和だった??
モブ2
モブ2
はい!!
左馬刻
左馬刻
…お前もここのディビジョンの代表ってやつか…
貴方
貴方
皆あたしのこと知ってますからね…
主婦
主婦
あなたちゃん!!
元気??
貴方
貴方
はい!!
とても元気です!!
子供さんも元気ですか?
主婦
主婦
あれからね……
皆元気に育ってるのよ。
あなたちゃんが時々見にきてくれるから嬉しくて…
貴方
貴方
元気なら何よりですよ。
これからもこのディビジョンを宜しくお願いします。
主婦
主婦
そんな!!
ここはあなたちゃんと早苗ちゃんとその部下の方々が守っていただけるから…
左馬刻
左馬刻
……お前は人気者か。
主婦
主婦
あら、彼氏さん??
貴方
貴方
か、彼氏って…!!///
左馬刻
左馬刻
あぁ。
あなたの彼氏。
主婦
主婦
あら!!
イケメンな子連れてきたわね!!
貴方
貴方
え!?///
いや!!///
あ、あはは…///
なんか返す言葉ないな…笑





















左馬刻
左馬刻
お前は色んな奴らに声かけられるな。
貴方
貴方
まあ一応ここのディビジョン作ったのあたしと早苗だし…
みんなの顔もほぼ覚えてるよ…
人が悲しんでるとあたしも悲しい。





傷ついているともっと悲しい。







早苗もあたしもお互い様だし…






それを経験してきたからわかること。
左馬刻
左馬刻
そういや、お前と早苗はどうやって出会ったんだ??
貴方
貴方
え、えっと……
高校の時…かな…
左馬刻
左馬刻
へえ……
貴方
貴方
か、彼女は実は…めっちゃ不良でして……
左馬刻
左馬刻
は??
左馬刻がびっくりした顔している。
ここでちょいと過去に入りましょう。




ーーーーーー過去ーーーーーー
あなたが高校の時
貴方
貴方
うわぁ……
散々だなこれ……
あたしは人が怪我するのがとても見てられなかった。







あたしが見たのは







怪我だらけで倒れてる人が1人。






それが早苗だった。






あたしは早苗を1人で連れて帰った。
自宅
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
……どういうことしてんだよお前。
貴方
貴方
なにって…怪我の手当て。
この時の早苗は髪の毛も長く、縛ってあった。怪我だらけで…






しかも喧嘩は本当に強くて最強だって聞いたことある。







それくらい有名だった。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…余計なことすんじゃねえよ。
貴方
貴方
余計じゃない。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
余計だっつってんだろーが!!
ぶん殴るぞてめえ!!!
貴方
貴方
貴方は一体何がしたいの…?
こんな喧嘩ばかりして…
いつも思ってたけど、喧嘩したって何にもないよ…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
………お前みてえなやつにわかるわけねーだろ。
親がいねえんだから…
貴方
貴方
…あたしだって親いないよ??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…は??
早苗が親がいないのはこの時知った。


お互い親がいないっていうことがあり、あたしは前から早苗に関して何か共通点があるんじゃないかってずっと思ってた。





多分このこと。







孤独だったんだ。







あたしが住んでるこの家は、遠くの親戚からいただいた一軒の家。
そこであたしは1人孤独で生きてきた。






早苗も一緒だった。
貴方
貴方
ねえ、初対面で申し訳ないけど…
もうこんなことするの…やめたら??
喧嘩ばかりするの…自分も相手も傷つくだけ…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
うるせえよ!!
お前に何がわかんだよ!!
そう言って早苗は家を出て行った。
でもあたしは心配だった。






でも早苗はどこも見当たらなかった。





どこいったんだろう…





一ヶ月後
高校生
高校生
そういえばさー、ここの店いいみたいなんだよね!
高校生
高校生
えー!
行きたい!!あなたも行こうよ!!
貴方
貴方
そうだね!!
そういって友達と別れた。
あたしは早苗のこと少し忘れかけていた。





あたしは家に帰ろうとすると……
貴方
貴方
へ!?
玄関の前で座り込んでる人がいた。
その人は








まさしく早苗だった。
貴方
貴方
え!?
ボロボロだけど!?
大丈夫!?
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
……うるせーな……
黙って…手当てしろよ………
貴方
貴方
え?
うん、わかった…とりあえず中に入って?
とりあえずあたしは早苗を中に入らせる。





手当てをしはじめると
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
……私の親も…小さい頃からいないんだわ
貴方
貴方
…そうなの?
早苗が口を開いた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…小さい頃から私は周りから変な目で見られていた。
だから私は強くなりたかった。
孤独でも、強くなきゃここの世界は生きていけないって思えた。
だから私は、この喧嘩のある世界にいた。
貴方
貴方
…そっか…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
……でもそれも終わりにした。
貴方
貴方
え??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
私は普通の世界で暮らしたい。
あんたと一緒に居てみたいと思った。
同じ奴がいたからな。
だから…今日は本気でやられてきた。
貴方
貴方
だからこんなに怪我してるのか…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…私でもこの普通の世界で暮らせるか?
貴方
貴方
大丈夫…。
あたしも暮らせているんだから。
あなたも暮らせるよ。
だからもう…ここに来なよ。
孤独じゃないんだから…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
……ありがとう。
そういって早苗は涙を流した。





このときが早苗とあたしの2人の出会いだったってわけ。






あと髪の毛長かった早苗は







ジョキ…
ハサミで髪の毛を切った。




貴方
貴方
Σ!?
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
これが私の覚悟。
もう喧嘩はしない。
私は普通の世界にいる。
だから…貴方と一緒にいる。
それで早苗は普通の1人の高校生として生活することになった。
貴方
貴方
でもその口調なんとかしなきゃダメじゃない??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
うるせーな…
でもこれも治すこともできたのが一年後くらいかな…





結構かかったわ笑
あとは…2人で大学に行くためにも必死に勉強頑張って








一緒の大学に行くことに決めていたんだ。





だから








ある意味あたしの親友なんだよな。







腐れ縁って奴。







ある日
ヒプノシスマイクができたときには
貴方
貴方
…こんなの嫌だ。
あたしはあたしたちのディビジョンを作って平和に生きよう。
早苗、助けてほしい。
貴方の力が必要なの。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…いいの??
貴方
貴方
あたしはあたしなりにやっていきたい。
だから…チヨダディビジョンを作ろう。
それがあたしたちMCとしての始まりだった。







行く場所がない人には
貴方
貴方
あたしたちのディビジョンにきたら??
行く場所ないんでしょ??
戦わないなら、あたしたちのところでこのディビジョン守って??
声をかけて行った。