無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

42
貴方
貴方
左馬刻さんってこういうところ他の人と行ったことあるんですか??
アトラクション待ちで、左馬刻さんに聞いてみた。






次のアトラクションは、海系でキャラクターがランダムで話しかけてくれるやつ。
左馬刻
左馬刻
まあ合歓とな。
小さい時に連れてったことあるぜ。
やっぱり行ったことあるんだ……
左馬刻
左馬刻
…女とでも思ったか?
貴方
貴方
い、いやめっそうもない!!
そ、そんな左馬刻さんがねえ……
左馬刻
左馬刻
……へー
貴方
貴方
なんですか!?
左馬刻
左馬刻
いっとくが、俺女作ったことねえから。
貴方
貴方
え??
あたしは耳を疑った。
左馬刻
左馬刻
だから女作ったことねえから。
貴方
貴方
え、じゃあキスも初めて??
え、するのも初めて??
え、え?
どういうこと??
じゃあやっぱり…
貴方
貴方
シスコン?
左馬刻
左馬刻
ちげえよ。
こんなにもモテる左馬刻様なのに…





意外すぎて…
貴方
貴方
あたし何もかも初めてなのに……
左馬刻さんめっちゃ手慣れてると思ってた。
左馬刻
左馬刻
人を女たらしって思うなよ。
貴方
貴方
いや彼氏にたらしなんて思ったらどうなんですか笑










左馬刻
左馬刻
席はここでいいか?
貴方
貴方
あ、そうみたいです!!
夜のパレードの席へ行くことにした。
左馬刻
左馬刻
あー、なんかやっと座ったって感じだな。
貴方
貴方
なんだかんだでずっと立って歩いていましたね。
あたしたちって。
左馬刻
左馬刻
足痛くねえか??
貴方
貴方
大丈夫です!
今回のパレードは、当たったため、椅子が用意されていた。



しかも席はステージに近い。
貴方
貴方
これ見たらもう終わりか…
ちょっと寂しい……
左馬刻
左馬刻
また来ればいいじゃねえか。
別に行かないわけじゃねえからよ。
貴方
貴方
行きます!!
あ、でも今度は遠くにもいってみたいです!!
オオサカとか!
左馬刻
左馬刻
オオサカはやめておけ。
変なやついるから。 
簓とか簓とか、あと簓。
貴方
貴方
簓さんだけじゃないですか。
左馬刻
左馬刻
…まあまたどっか行くか。
そんなことを話しながらパレードを楽しんだあたしたち。
左馬刻サイド
貴方
貴方
..zzzZZ
デズニーリゾートのパレードも終わり、電車に乗って帰ると、あなたは眠ってしまった。







座って俺の肩に頭を置いて寝ている。






やべー…可愛いな。
俺はケータイで今日撮った写真を見る。
いろんな写真撮ったな。






キャラクターと一緒に撮った写真。







あなたが笑ってる写真。






なんか食べてる写真。







キスした写真。








いろいろありすぎてやばいくらい写真が溢れていた。
貴方
貴方
ん…
左馬刻さん……
左馬刻
左馬刻
また行こうな、あなた。
次はどこに行くかまた考えるか…