無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

77
学長室
貴方
貴方
失礼します。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
あぁ、来たのね。
ごめんなさい、今資料整理するから待ってて…
学長は資料整理をしていた。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
……そんな堅苦しくしなくてもいいわよ。
貴方
貴方
…いえ、学長なので……
未椿(みつば)
未椿(みつば)
…そう。
そこに座りなさい。
あたしはソファに座った。





この人はあたしを見捨てた人…






一体どういうつもりであたしと会ったのか…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
今まで元気にしてた?
貴方
貴方
…ええ。元気にしてました。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
……そう。
よかったわ。
貴方
貴方
…貴方は、死んだんじゃなかったの…??
あたしはそうやって聞いてたのに…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
ええ。死んでいることになっているのよ。
苗字も変えてたから。
本当は貴方と一緒で巴坂未椿なの。
貴方
貴方
……そう。
なんであたしを捨てたのかなんて聞けない。




怖くなっちゃった。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
……ほんとは貴方に謝らなきゃいけなかったわね。
貴方
貴方
…え?
未椿(みつば)
未椿(みつば)
貴方を1人にさせて…
申し訳なかったとは思ってる。
貴方
貴方
思ってるんだったら…なんで…?
未椿(みつば)
未椿(みつば)
………
貴方
貴方
なんであたしをここまで1人にさせたの⁉︎⁉︎
苦しかった……両親がいないって苦しかったのに……
今更現れて何がしたいの⁉︎⁉︎
未椿(みつば)
未椿(みつば)
貴方は………狙われていたのよ。
貴方
貴方
え?
未椿(みつば)
未椿(みつば)
私は、大臣や偉いところに勤めていたの。
忙しくて……
過去の総理大臣の秘書もやってたわ。
だから色んなことに狙われやすくて……
貴方が産まれた時に、遠い親戚に預けたの。
だから安全だったのよ。まだね……
貴方
貴方
…どういうこと…??
未椿(みつば)
未椿(みつば)
私の旦那である人、貴方の父親はいまだに行方不明。
追われているのよ。
あの人は医師であるのよ。
貴方
貴方
…え?
あたしは、DJとMCやってたって聞いたけど…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
あんなのただの嘘よ。
警察に見つからないようにしてるの。
今の私は言の葉党の大臣を勤めているだけ。
貴方
貴方
……そう…なんだ…
正直驚くことばかりで何もいうことない……
というより何も言い返せない……
未椿(みつば)
未椿(みつば)
謝っても貴方は許してくれないのはわかってる。
だからせめて形で……
貴方
貴方
そんなのいいよ……
未椿(みつば)
未椿(みつば)
…でも……
貴方
貴方
あたしは、母が無事ならそれでいいですから……
未椿(みつば)
未椿(みつば)
……本当にごめんなさい。
でもこれからは…貴方に会えるようになるから……
大学に来て仕事もするし、顔も出せるから…
貴方
貴方
…でも…
言の葉党のことは?
未椿(みつば)
未椿(みつば)
そんなのいいわ。
なんとかなるから。
ここでも仕事できるし、もう貴方を言の葉党に入れる気もなくなっちゃった。
貴方
貴方
うん、入りたくないから…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
いつでも歓迎するわ。
貴方
貴方
嫌です。
自由にさせてください。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
本当に貴方は旦那に似てるわね……
貴方
貴方
…そうなの?
未椿(みつば)
未椿(みつば)
ええ…
あと、貴方と早苗ちゃんの今までの費用は返金するわ。
それと、これからの大学費用は私が払うから。
貴方
貴方
ええええ!?
そそそんなことしなくてもいいのに…!!
未椿(みつば)
未椿(みつば)
いいのよ。母親なんだから。
あとは早苗ちゃんの今までのお礼よ。
貴方
貴方
い、いやそこまでしなくても…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
あと、左馬刻くん呼んできなさい。
あたしは左馬刻さんを呼んだ。
左馬刻
左馬刻
んだよ……
別れらなんて言ったらぶっ潰すぞ。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
そんなこと言わないわ。
まあヤクザが彼氏なんてびっくりだけど…
貴方
貴方
あたしはそこまで気にしてないけど…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
左馬刻くん、この子は今まで大丈夫だった??
左馬刻
左馬刻
あー…
まあ無防備なところと無理するところだな。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
…無防備??
貴方
貴方
…??
左馬刻
左馬刻
まあこういうところだな。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
無理するところは完全に父親似ね。
貴方
貴方
…そうなの?
左馬刻
左馬刻
目は母親だな、あなた。
貴方
貴方
確かに…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
左馬刻くん、貴方にあなたを任せてもいいかしら。
左馬刻
左馬刻
あぁ、いいぜ。
こいつは俺様がいねえと何にもできねえからな。
貴方
貴方
失礼ですね!!
左馬刻さんだってあたしがいないとできないこと……ないですね、すいません。
左馬刻
左馬刻
ハッ‼︎‼︎
俺様なめんなよ?
貴方
貴方
バカ左馬刻!!!
左馬刻
左馬刻
あ゛あ゛!?
今なんつった!?
未椿(みつば)
未椿(みつば)
もうこれくらいにしなさい……
あなた、もう帰りなさい。
疲れたでしょ?
左馬刻くんとどこか気晴らしに出かけなさい。
貴方
貴方
わかりましたー…
あ、そういえば…
未椿(みつば)
未椿(みつば)
??
貴方
貴方
…ありがとう、お母さん。
未椿(みつば)
未椿(みつば)
!!!
貴方
貴方
一回言ってみたかったんだよね……
じゃあまた!!
あたしは左馬刻さんと部屋を出た。





















貴方
貴方
あー!!!
なんか食べたーい!!!
左馬刻さーん!!!
なんか食べにいこ!!
左馬刻
左馬刻
お前すっかり元気だな。
なんか食いに行くか。
貴方
貴方
左馬刻さん!!
前言ってたハンバーグ食べたい!!!
左馬刻
左馬刻
あー…行ってみるか。
前から肉食べたいってあなた言ってたな。
貴方
貴方
…うん、なんか恥ずかしいけど……
左馬刻さんはあたしの手を握った。
貴方
貴方
??
左馬刻
左馬刻
…やっぱお前が隣にいねえと調子狂うわ。
貴方
貴方
あたしも……左馬刻さんいないと人生つまらないです。
左馬刻
左馬刻
じゃあ今夜は寝かせてやらねえからな?
貴方
貴方
えええ…それは勘弁してください…///