無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

29
貴方サイド

一郎が悲しい顔をしていたのは気のせいかな…?
貴方
貴方
一郎も今日ここに来てたんだね。
一郎
一郎
あぁ。
まあほぼ強制参加みてえなものだったし。
貴方
貴方
確かに…
一郎
一郎
…一回廊下出てみるか。
貴方
貴方
え??
大丈夫なの??
一郎
一郎
来た時は俺が守ってやるからいい。
貴方
貴方
いやあたしもやるよ。
一郎
一郎
あなたは無理しなくていいんだよ。
貴方
貴方
え??
一郎
一郎
お前は普通の女性としていてほしい。
貴方
貴方
…な、なにどうしたの??
一郎はあたしに近づいてきた。
一郎
一郎
俺は…あなたのこと…一人の女性として見てる。
だから…
貴方
貴方
え…?///
一郎
一郎
無理をしないでくれ。
一郎との顔の距離が近い…
貴方
貴方
よ、よくわからないんだけど…
一郎
一郎
…まあ、わからなかったら気にしなくていいぜ。
一郎はあたしのところから離れた。
一郎
一郎
さて、一回出てみるか。
怖かったら俺の服握ってるか?
貴方
貴方
……そうする…
一郎
一郎
っ!!///
あたしは一朗の裾を掴んだ。
一郎
一郎
…いくぞ。
ガチャ




物置の扉を開けた。






そして物置から出ようとすると





一人の男性がいた。






え、敵いる。







え!?






いる!?






あれ、一郎も見てるけどなにも思ってない??
すると
空却
空却
お!!!
一郎じゃん!!
一郎
一郎
お、空却じゃねえか!
あれ、仲がいい??





もしかして知り合い??
一郎
一郎
あ、わりい。
こいつは波羅夷空却。
昔からのダチだ。
空却
空却
お!!
お前は一郎の彼女か!
一郎
一郎
は!?///ちげえよ!!///
空却
空却
顔真っ赤じゃん。
一郎
一郎
うるせえな!///
貴方
貴方
…ナゴヤディビジョンの人か!!
空却
空却
そうだせ。
拙僧はナゴヤディビジョンの空却だ!!
よろしくな!!
あ、拙僧もタメでいいから。
貴方
貴方
あ、ありがとう…
一郎
一郎
つかなんでお前ここにいんだよ。
空却
空却
あ、まあ別にうろちょろしてたらこんなところにいたんだわ。
貴方
貴方
適当すぎる…
一郎
一郎
てか爆発のやつ、本当にやってるのか??
空却
空却
それはわからねえな。
爆発音が聞こえねえし。
貴方
貴方
…そういえば早苗も同じこと言ってたな…
一郎
一郎
どういうことだ??
貴方
貴方
あたしのケータイで電話きたんだけど…
近くにいるみたいなんだけど爆発音聞こえなかったって…
あたしも今はもう圏外…じゃない!!
あたしのケータイ見たら圏外じゃなくなっていた。
空却
空却
お!!
じゃあそれで電話してみろ!!
あたしはケータイで早苗に電話した。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あなた!?
一郎
一郎
よし繋がったぜ!!
貴方
貴方
早苗!!
今どんな状況!?
爆発してない??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
うん、何にも音は聞こえないんだけど…
銃兎さん曰く、爆発物が見つからないって…
貴方
貴方
え??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
しかも遠隔操作で爆発するってことだから…
もしかしたら情報をシャットダウンさせれば、爆発はやめさせれるかもしれない…
貴方
貴方
ということは…?
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あなた、貴方の力で救えるかもしれないわ。
ハッカーの出番かも。