無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

37
貴方サイド



夏は暑いですね。









とても暑くて仕方がないですね。









熱中症にならないように注意してください。
貴方
貴方
あーつーいー!!!
そんな時、あたしは家のリビングのソファで寝ていた。
貴方
貴方
あー…暇だなぁ…
早苗も今忙しいし…
ディビジョン平和だし…
何にもやることない…
あ、そういえば新聞取りに行ってない…
あたしはポストに新聞をとりに行った。
貴方
貴方
ん??何これ??
あたし宛に来てる。
封筒を開いてみると…
何やら手紙と







チケット二枚発見。
貴方
貴方
うわああああああああ!!!
あたしはそれを見て叫んでしまった。
あたしは部屋に行き寝ている左馬刻さんのもとへ行く。
貴方
貴方
左馬刻さーーーん!!!!
あたしは寝ている左馬刻さんのベッドにダイブした。
左馬刻
左馬刻
Σ!?
…んだよ、あなたか…。
そういって左馬刻さんが眠たそうにあたしの顔を見る。






ごめん、遅く帰ってきたから寝たかったかも左馬刻さん。







本当に申し訳なくなったけれども…







それより言いたいことが!!!
貴方
貴方
左馬刻さん!!
当たったんです!!!
左馬刻
左馬刻
あ…??
なにがだよ……
貴方
貴方
デズニーリゾートのペアチケット!!!!
左馬刻
左馬刻
…は??
そうなんです。








抽選で当たるやつをたまたまあたしが応募したら








当たったんですよ。
貴方
貴方
ねえねえ左馬刻さん!!
いつ行きますか??
てか一緒に行きましょうよー!!
左馬刻
左馬刻
……そんなことを俺に言ってデートに誘うなんて…
お前、可愛いな……
少しぼーっとしながらあたしの頭を撫でる左馬刻さん、
左馬刻
左馬刻
でも今日は寝かせてくれよな……
マジで俺ねみいから……
貴方
貴方
いや流石に今日はいきませんよ。
今日は寝かせておこう。












銃兎
銃兎
そうそう、前の事件なんですが、なんとか解決できそうですよ。
天慈組がはいてくれましたからね。
山田一郎や他の人たちも違法マイクでやられてたみたいで…
もう皆さんも元気だし、大丈夫ですよ。
貴方
貴方
あぁ、よかった…
天慈組ってどんなところですか??
銃兎
銃兎
まあ…左馬刻と対立してる組ですよ。
貴方は手出ししない方がいい。
貴方
貴方
…わかりました。
ありがとうございます。
理鶯
理鶯
そういえば左馬刻が降りてこないのは何故だ??
貴方
貴方
どうにも眠たいみたいで…
起こしてないです。
銃兎
銃兎
いや起こしなさい。
貴方
貴方
えー……起こすと機嫌悪そうです…
理鶯
理鶯
そっとしておいた方がいい。
銃兎
銃兎
そうですね…
ではご飯でも食べますか。
貴方
貴方
はーい。