無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
どう!?
貴方
貴方
来てない!!
大丈夫!!
そんなことで無我夢中でどこに来たかというと





ウォータースライダー。
階段を登ってきて、誰も来ないことを見る。





いや、待てよ??
左馬刻
左馬刻
あいつら…!!!
貴方
貴方
きゃー!!
きたきた!!!
銃兎
銃兎
早く捕まえて連れて帰りましょうか。
近くまで左馬刻さんたちが階段登ってきた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
これ、二つ滑るところあるけどどうする??
貴方
貴方
右!!早苗は左で行こう!
あたしは右、早苗は左で浮き輪を置き、








ザーッ!!!
すべっていった
左馬刻
左馬刻
あの野郎!
銃兎
銃兎
私は左行く。
左馬刻は右だな。
左馬刻
左馬刻
あぁ!!



















貴方
貴方
まって…
超楽しいけど…後ろから勢いよくきてる気がする…
そう言って後ろを見ると
左馬刻
左馬刻
てめえ!!!あなた!!!!
今日はただじゃすまねえぞ!!!
後ろから左馬刻さんの声が聞こえた。








とはいってもまだ遠い。
貴方
貴方
ぎゃーーー!!!!
左馬刻さん!!!
なんでそんなに怒ってるの!?
後ろから怖い人がおそってきそうなかんじだった
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
きゃー!!
銃兎
銃兎
早苗!!
お前しょっぴくぞ!!
あれ、なんやかんやあの二人楽しそう←
あたしの後ろはヤクザだぞ。







ヤクザが来てるぞ。
めっちゃ睨んで距離近づいてくる左馬刻さまがいるんだぞ。








助けてよ誰か。
そんなことを考えながら、ゴールに着いたので、あたしはすぐ様ゴールから出た。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あなた!!
貴方
貴方
早く逃げよ!!
これ絶対怖いよ!!
あたしと早苗は合流して早く逃げた。