無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

57
貴方
貴方
…なんでいるの??
あたしは早苗と文化祭を回っていると
一郎
一郎
お、あなたじゃねえ…ってなんだよその格好!!!
一郎と
空却
空却
あれ、あなたじゃん!!
空却がいた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
うちらは宣伝娘でーす。
空却
空却
似合ったんじゃん、あなた。
もしかして狙ってんの?
貴方
貴方
…なんの話??
一郎
一郎
いや、これはちょっと…///
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
てか貴方たち。
なんでここにいるの??
空却
空却
拙僧は一郎のとこに遊びに行ったらよ、仕事あるからって言われて。
それで一緒に行ったらここに来たってわけよ。
貴方
貴方
なんの仕事??
一郎
一郎
なんか買い出し頼まれてよ。
それがここの大学だったんだ。
だからちょっとや明日を見ようと思って…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
生憎、もう帰ったほうがいいかも…
一郎
一郎
なんでだ??
それを話していると
大学生
大学生
あれって誰…??
大学生
大学生
なんか…怖いやつきてるぞ…
みんながざわつき始めた。
貴方
貴方
Σ!!
やばい…なんか…きそう…
一郎
一郎
あ??
なにがだよ。
遠くから現れてきたのは
左馬刻
左馬刻
………おいてめえら。
騒ぎおこすんじゃねえぞ。
俺様の女の通ってる大学だからなぁ…
火貂組の部下
火貂組の部下
わかりました!!
サングラスと髪の毛をオールバックにしてスーツを着ている左馬刻さんと火貂組の部下の人が数人いた。
左馬刻
左馬刻
おいテメェ……
俺様の女に手ェ出してねえだろうなぁ??
大学生
大学生
だ、出してないです!!
つか、女って誰ですか!?
…やばい、これはやばいぞ。






文化祭が襲われる。
ガシッ
貴方
貴方
ちょっと誰かかくまって!!
空却
空却
は!?
あたしは空却の腕を引っ張り、何処かへ行くことに。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あとは頑張ってやるわ。
一郎と。
一郎
一郎
は??
俺??
貴方
貴方
あとよろしくー!!
あたしは空却と大学の中に入ることにした。











早苗サイド
左馬刻
左馬刻
おー…早苗と…くそな偽善者じゃねえか…
なんでテメェがここにいんだよ…
一郎
一郎
関係ねーだろ。
俺だって仕事あるからよ。
左馬刻
左馬刻
テメェ…あなたに手ェ出してねえだろうなぁ…
やばい…




この雰囲気怖い…





あなた、助けて…






これはやばい…






本当に怖い。






女1人のためになんでこんなに殺気があるのよ。
大学生
大学生
あれ、もしかして山田一郎??
大学生
大学生
なんでいるの??
みんながざわつき始めた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ちょっと…騒ぎ始めちゃったよ…
一郎
一郎
アンタ、そんなにあなたを束縛するとあなたが嫌になるぜ。
大概にしたらどうだ?
左馬刻
左馬刻
あぁ!?
わかってねえな…
あいつは無防備だから俺様がいねえと無理なんだよあいつは…
一郎
一郎
それが縛ってんだよ。
左馬刻
左馬刻
…テメェぶっ殺されてえのか!!!!
みんなが騒ぎ始めた。



ヴォォォン
一郎
一郎
…なんなら勝負しても構わないぜ。
ヒプノシスマイクを起動し始めた。
左馬刻
左馬刻
…テメェ、後悔させてやるよ。
左馬刻さんはサングラスをとり、ヒプノシスマイク を起動させた。
大学生
大学生
嘘!?
碧棺左馬刻!?
大学生
大学生
なんで有名な奴らがいんだよ!?
周りが左馬刻さんたちを囲み始めた。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
え、ちょっとふたりともやめてよ…
これはやばいな。




あなたに連絡しないと。





止められないわ。