無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27
会場
左馬刻
左馬刻
あなた。
お前はジュースだろ。
貴方
貴方
あぁ、ありがとうございます…
左馬刻はあなたにジュースを持ってきた。
人が多くて、結構な人数。
主催者
主催者
皆様、このパーティー会場に来ていただき、誠にありがとうございます。
長々と説明する主催者。
左馬刻
左馬刻
あーめんどくせえな。
早くあなたと帰ってDVDみてえわ。
貴方
貴方
Σ‼︎
もしかしてあのホラーの続き見るんですか…?
左馬刻
左馬刻
続きが気になるからよ。
借りてきた。
貴方
貴方
嫌ですあたし絶対見ないですから。
左馬刻
左馬刻
へえ、続きが気にならねえのか。
あの後どうなったのか…気にならねえか??
貴方
貴方
…気になるんですけど怖いです…
左馬刻
左馬刻
じゃあまた前みたいにしがみついていればいいだろ。
貴方
貴方
…わかった。
そんな話をしていると、耳を疑うことが起きた。
主催者
主催者
ここで皆様には、ラップバトルしてもらいます!!
左馬刻
左馬刻
は??
貴方
貴方
え??
主催者
主催者
皆さまにきていただいたのは、ここ誰が一番強いのか証明できるばしょです!
だからいまここでやるべきなのです!!
左馬刻
左馬刻
…なに言ってんだこいつ。
主催者
主催者
負けた人は、領土を爆破させていただきます。
貴方
貴方
え!?
会場はざわつき始めた。
主催者
主催者
場所はこの会場全部です。
どこへ移動してどこらでバトルしても構いません。
今から皆さまここを出て行かないと……
ここを爆破させます。
そういうとさらにざわつき始めた。
さらに、カウントダウンの音がする。



20.19…
その音が聞こえると



みんなが一斉に出口に押し込んでいく。
貴方
貴方
きゃあ!!
左馬刻
左馬刻
あなた!!
左馬刻の声が聞こえなくなったあなたはどんどん押され、はぐれてしまった。






押されてなんとか、出口にでたあなた。





そしてカウントがなくなると…
ドカン!!!!




大きな爆発音と煙、光が出てきた。
貴方
貴方
……本当にやったの…??
みんなが騒つく。
主催者
主催者
皆様、はやくしないと貴方たちの領土がなくなってしまいますよ??
後外には出られませんので。
放送が流れてきた。
そういうと、
男性
男性
てめえバトルだ!!
男性
男性
上等だ!!
バトルが始まった。
左馬刻サイド
左馬刻
左馬刻
…あなた、どこ行きやがった。
あなたがちっとも見つからねえな。









あの人数じゃあ見つけるのは難しいか…









だが、あの爆発に巻き込まれてねえだろうな…





あー、イライラしてくるぜ。









こんなこと参加しなけりゃよかった。








なによりあいつが無事か一番それが心配だ。
簓
左馬刻!!
あー、こんな時に簓か。
簓
なにそんなに残念そうな顔するんや。
左馬刻、いっておくが、こんなところで戦わへんで。
左馬刻
左馬刻
…あぁ。
俺らが考えたこと、それは二人で組んでこのあほな戦いを終わらせる。





あなたを見つける。






あいつのことだから…大丈夫だって信じてる。