無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

72
中王区
貴方
貴方
へー…こんな感じになってるんだ…
あたしは中王区をぐるぐる回っていた。
えーっとここは…?
貴方
貴方
行政監視局?
あたしは中に入ることにした。











行政監視局内
貴方
貴方
うーわ…
なんか色々あるな…
とにかくすごい。




やばいくらいすごい…
広いし、綺麗だし…






男装してた時には来たことなかったからなぁ……






あれ、これなんだろう…
無花果
無花果
それを触るとやられるぞ。
貴方
貴方
え!?!?
無花果
無花果
…嘘だ。
なにをやっている。
貴方
貴方
え、あ…えっと…
来たよ来たよ無花果さんが…
あ、この状態で会うのは初めてか…
貴方
貴方
は、はじめまして。
巴坂あなたです。
無花果
無花果
…(初めましてではないのだが…)
あぁ、あなたというのか。
確か…大臣に選出された……
貴方
貴方
いえ、されていません。
なる気はありません。
無花果
無花果
…そうかそうか……。
面白い奴だな…
道理で、母親と似てる。
貴方
貴方
え、母親…?
無花果
無花果
少し話さないか?














無花果の部屋
貴方
貴方
あの…ありがとうございます。
お茶なんて出していただいて…
無花果
無花果
そんなことはいい。
…母親のことは知らないのか…?
貴方
貴方
だって両親はあたしの小さい時に亡くなったときいたので…
無花果
無花果
…そうか。
貴方
貴方
…母親とは知り合いですか?
無花果
無花果
…まあな…。
お前と似ている。
仲間思いのところとかな…
貴方
貴方
…そうなんですか……
無花果
無花果
正義感が強く、とても賢い。
私も憧れていたものだ。
…今でもな…
貴方
貴方
母はどんな方が知らなかったので聞けて良かったです…
父親はともかく、母親だけでも聞けてよかった…
無花果
無花果
…ほんとうに何も知らないみたいだな……
貴方
貴方
…え??
そこであたしは真実を明かされる。

























無花果
無花果
お前の母親は中王区で生きているぞ。
貴方
貴方
…え??
どういうこと…??



母が…生きてるって…
無花果
無花果
名前は……また分かるから言わないでおこう。
自分で知った方が、いいと思うからな。
貴方
貴方
……そうですね。
無花果
無花果
…今日は疲れただろう。
合歓が部屋まで送ってくれるそうだ。
合歓。
合歓
合歓
はい。
扉を開けて入ってきたのは








左馬刻さんの妹、合歓ちゃんだった。






きっと洗脳されてて何もわからないと思う。
合歓
合歓
行きましょうか、あなたさん。
貴方
貴方
あ、はい…
あたしは合歓ちゃんと部屋に行くことにした。



















部屋の前
合歓
合歓
つきました。
貴方
貴方
あ、ありがとうございます…
合歓ちゃんは結局何も話さず、部屋まで来てしまった。
合歓
合歓
…私も部屋の中に入ってもいいですか?
貴方
貴方
あ、はい。
どうぞ。
なんだろう…






話でもあるのかな……






合歓ちゃんといっしょに部屋に入る。







すると













合歓
合歓
あー!!!
疲れたー!!!
貴方
貴方
Σ!?
驚くほどに性格が変わった。



いや、これが元の合歓ちゃん…?
合歓
合歓
ごめんね?
私怖くなかった?
貴方
貴方
い、いや全然……
どういうこと…??





洗脳は…??
合歓
合歓
ごめんね、私洗脳されてたんだけど…
いつの間にか解けちゃって……
時々洗脳されちゃうんだけど…今は大丈夫だよ。
※公式設定なくしてますすみません。
貴方
貴方
え、じゃあ…左馬刻さんのことも…
合歓
合歓
お兄ちゃんのことも知ってるし、あなたさんが恋人だってこと知ってるよ!
貴方
貴方
え!?
そうなの!?
てかさん付けしなくてもいいよ??
合歓
合歓
ありがとう!!あなたちゃん!!
貴方
貴方
い、いやこちらこそ!!←
左馬刻さんが合歓ちゃんが好きになる理由わかるな…
合歓
合歓
お兄ちゃん、元気?
貴方
貴方
全然元気だよ!
合歓
合歓
良かった……前、チヨダ・ディビジョンに入ったことあるんだけど…
貴方
貴方
え、そうなの?
合歓
合歓
うん、お兄ちゃんがあなたちゃんとすごく笑って歩いてるところ見たの。
貴方
貴方
あ、そうなの…?
合歓
合歓
…お兄ちゃん、明るくなったなって…思ったよ。
でもこれはあなたちゃんのおかげだと思ってる。
ありがとう…
貴方
貴方
……左馬刻さんの元には帰らないの?
合歓
合歓
…まだ帰れない…。
私はまだやることがあるの。
だからこのことも内緒にしてほしいな…
貴方
貴方
大丈夫、言わないから。
合歓
合歓
うん、ありがとう。
これからもお兄ちゃんのことよろしくね!
そういって合歓ちゃんは部屋を出て行った。
貴方
貴方
あー……
合歓ちゃんと話せたならいいか…
元気そうだったし…







左馬刻さんは心配してると思うけど








これは2人だけの秘密にしよう。









その時






バッ!!
貴方
貴方
え!?
電気が消えた。







なに??







停電??







廊下がバタバタしはじめた
言の葉党
言の葉党
なにごとだ!
言の葉党
言の葉党
サーバーダウンしたらしい。
貴方
貴方
サーバーダウン?
そんなことあるんだ……






まあ部屋は暗いだけだし、外はまだ明るいから…






窓もあるしいっか……






でもサーバーダウンなんて、1分あれば復旧できるけどね…






琴奈は前教えたからきっとできるけど…