無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

16
ラップバトルは二日前になり





あなたも熱が下がり、完治していた。
貴方
貴方
久々の大学も疲れるなー…
今日はもうすぐに帰って寝るかな…
大学の門の前に向かおうとすると
ダダダダダッ
貴方
貴方
なになに??
今度は何事??
大学の前でなにやら誰が走ってる…
あなたは様子を見に、大学の門まで行く。
すると…









高校生
高校生
ちょっと、どこに行ったの??
高校生
高校生
見つからないな…
貴方
貴方
なに、この高校生の集まり…
高校生がたくさんいた、




誰か探しているようだ
あなたはそのまま帰ることにした。
貴方
貴方
あー、そういえばラップバトルの練習しなきゃ…
そんなこと言いながら歩いていると
貴方
貴方
あ。
二郎
二郎
あ。
なんと二朗くんと遭遇。
貴方
貴方
た、確か山田二郎くん?
二郎
二郎
お、お前は…
高校生
高校生
ねえねえ、こっちで声がしなかった??
二郎
二郎
や、やべえ!!
貴方
貴方
え、なにが…
二郎
二郎
わ、わりい、ちょっと‼︎‼︎
貴方
貴方
うぇ!?
きゃっ!!
あなたは二郎に引っ張られ、人目がないところへと隠れる。





二郎は、あなたを片手で抱きしめながら、あたりのようすをみる。
貴方
貴方
え、じ、二郎くん??
二郎
二郎
シッ…
静かに…
今追われてんだよ…
そう言って高校生がいなくなる事を確認する…
そしてしばらくの間、高校生の姿はなくなる。
二郎
二郎
あ〜、よかった。
また弁当もらうところだった…
貴方
貴方
ご、ごめん二郎くん。
あの…苦しい…
二郎
二郎
え…?
あ、わ、わりい!!///
そういって二郎はあなたを離す。
貴方
貴方
な、なにあれ…
二郎くんモテるんだね…
二郎
二郎
い、いや…弁当渡しに来るだけ…///
(や、柔らかいし、小柄だった…///)
貴方
貴方
あ、ごめん。
今からあたし家帰らないと…
またね!!
二郎くん!!
二郎
二郎
あ、あの!!!
貴方
貴方
ん??
二郎
二郎
前は…その…ごめん…
貴方
貴方
前??
二郎
二郎
あの…お前の家で…三郎と喧嘩して…
その…突き飛ばしたりして…
貴方
貴方
ああ!!
最初にあったときのね!!
うん!!
それは気にしてないから大丈夫!!
詳しくは3話くらいのところで分かります。
二郎
二郎
ほ、本当??
よかった…
貴方
貴方
そんなこと気にしなくてもよかったのに…
二郎
二郎
いや、女とは知らなくて…
貴方
貴方
そりゃそうだよね…
男装してたから…
そんな事を話しながらも、二郎とは分かれて家に帰った。