無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

41
貴方
貴方
左馬刻さん!!
次はどこに行きますか!?
ものすごく楽しく過ごせている。





いろんなアトラクションに乗ったり叫んだりはしゃいだり…
左馬刻
左馬刻
おい、あなた。
写真撮ってやるからそこに立ってろ。
貴方
貴方
??
あたしは言われた通りに立った。




パシャ
左馬刻
左馬刻
いいの撮れたぜ。
あたしは左馬刻さんのスマホを見ると




ちょうどきれいに城が写っていた。
貴方
貴方
え!?
すごい!
左馬刻さん写真撮るセンスあるんですね!!
左馬刻
左馬刻
褒められてんのかよくわかんねえけど…笑
そういって笑う左馬刻さん。







今日はほんとによく笑う…
ピコン
貴方
貴方
あれ、あたしのケータイなってる…
ケータイを見てみると
『パレードのお知らせ』
と、通知に書いてあった。






パレード??





ここのやつだよね??
貴方
貴方
あれ??
パレードなんてなんにも指定してないけど……
左馬刻
左馬刻
……抽選で当たったんじゃねえのか??
貴方
貴方
あ!
チケットで!?
パレードが当たったみたいで、席の指定がされていた。



しかも夜。
貴方
貴方
さ、左馬刻さん…行ってもいいですか??
左馬刻
左馬刻
行くなとは言わねえよ。
今日はデートだからな。
こんなことねえからよ……
明日も仕事休みだからよ…
一日楽しもうぜ。
貴方
貴方
今日の左馬刻さん熱あるかもしれないね。
左馬刻
左馬刻
お前まじ何いってんだよ。
俺様が許可してやってんのによ…
貴方
貴方
許可なんて求めてませーん。
左馬刻
左馬刻
あとで覚えとけよ……
貴方
貴方
すいませんでした。
大体こんなこと言われると、後から変なお仕置きが返ってくる。






それをあたしはビビっています。
貴方
貴方
あ、左馬刻さんも写真撮りますか??
左馬刻
左馬刻
俺は、あなたと撮りたい。
貴方
貴方
え!?
左馬刻
左馬刻
なんで驚くんだよ…笑
貴方
貴方
写真撮られるの嫌じゃないかなって…
隠し撮りが多すぎて……




二人で写っているのがあまりない。
左馬刻
左馬刻
別に嫌じゃねえよ。
そんな気を使うな、今更だが。
貴方
貴方
ほ、ほんと…??
左馬刻
左馬刻
んじゃ今から撮るか。
貴方
貴方
やったー!!
そういって左馬刻さんと写真をいっぱい撮る時間になった。
普通の写真やふざけた写真。





時にはハプニングがあった写真。







キスをしてきた写真。







なんかいっぱい撮りすぎて逆に左馬刻さんとの写真しかない気がしてきた。笑







とってもいい思い出になる。