無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第85話

85
寂雷
寂雷
…そうですか。
マネージャー
マネージャー
暫くは、ここにいなきゃいけないと思う.
だから一泊泊まるしかないかなって…
一応ここは部屋もあるしシャワー室もあるから…
シャワー室が出るくらいの電力は一応今のところはあるみたいなんだけど…
こんな雨じゃなかなか外は出られないってスタッフとも言われてるんだ。
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
疲れたよ……
マネージャー
マネージャー
まあL.catも元の姿に戻って今日は休んだ方がいいよ。
あたしのマネージャーはあたしのこと知ってるからまだ助かった.
マネージャー
マネージャー
あとは、明日がどうなるか待つだけだね……
部屋は一箇所用意してあるから寝る場所は皆で決めてくれないかい??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
わかりましたー…
そういってマネージャーは部屋を出た.
寂雷
寂雷
部屋は一つしかないので…どうやって決めましょうか?
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
一郎と左馬刻さんは分けた方がいいかと。
寂雷
寂雷
いいのかい??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
まあそれの方が喧嘩にならないかと……
てかみんなほんとにどこいった…??
ガチャ
空却
空却
つかここで一泊泊まるのかよ……
一郎
一郎
まあいいんじゃねえの??
簓
俺は結構楽しいと思うんやけど。
左馬刻
左馬刻
俺はあいつが心配なんだよ…
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
あ、皆さん。
寂雷
寂雷
来てくれたんですね。
無事でよかった.
ピカッ!!
ゴロゴロ…
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ぎゃーー!!!!
ギュッ





あたしは左馬刻さんに抱きついた.
左馬刻
左馬刻
!?
あなた!!
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
左馬刻さーん……
雷怖いよ……
左馬刻
左馬刻
…そういえばお前雷嫌いだったな…
左馬刻さんはあたしの頭を撫でる.
寂雷
寂雷
皆さんに決めなきゃいけないことがあるんだけど…
寂雷先生は部屋のことを話す.
左馬刻
左馬刻
じゃあ俺様はあなたと一緒が確定だな。
簓
そんなの誰が決めたん??
左馬刻
左馬刻
あ??
あたりめーだろ。
付き合ってんだからよ。
簓
あなたちゃん??
たまには違う人と楽しい夜過ごしてもいいんやで??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
へ??
左馬刻
左馬刻
テメェふざけんじゃねえぞ!!!
あー…こんなときにらむがいたら一緒に寝ようっていったのに…




なんでいないんだ…






まあきっと中王区にいるんだろうな。
空却
空却
じゃあ拙僧と寝るか?
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ん??
一郎
一郎
寂しいなら俺と寝るか??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
え??
左馬刻
左馬刻
おいお前ら!!!
ふざけんなよ!!!
結局寝る場所なかなか決まらず。笑