無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25
貴方サイド
貴方
貴方
うぇぇぇぇぇ……
どうしよぉぉぉぉぉ……
あたしパーティーなんて言ったことないよ…





と言うより、なぜあたしが行くかと言うと…
銃兎
銃兎
左馬刻が暴走したとき、止められるのは貴方だけでしょう…
だから貴方には左馬刻のそばにいて欲しいんですよ…
という銃兎さんの頼みであった。




まあ…弱みも握られてるし…??







行くしかないですよね…??
モブ3
モブ3
すいません、あなたさん。
言い忘れてました。
行かないと思ってたのですか…
貴方
貴方
いや…言おうよ!
言わなきゃわからないでしょうが!
部下は言わなかったことだし…??
いや何よりも気になるのは……







名古屋、大阪が来るということ。






確か簓と空劫っていう人がくるけど…








今回はリーダーだけか…







今回のパーティー、リーダーだけでやるみたいだし。








っていうことは一郎とからむとか寂雷先生が来るのか?








あ、あれ…前調べたとき左馬刻さんも昔、名古屋と大阪の人と仲良かったみたいな感じだから…









あたし…行かなくても良くない??
左馬刻
左馬刻
おい、あなた。
荷物届いてるぞ。
貴方
貴方
なにこのデカブツは……
それはそれは大きな大きな荷物が届いた。
左馬刻
左馬刻
あなた、俺出かけてくるからよ。
勝手に外出るなよ。
貴方
貴方
…監禁ですか??
左馬刻
左馬刻
ちげーよ。
今日雨だから出るなってことだ。
チュッ
貴方
貴方
ん…
左馬刻
左馬刻
行ってくる。
左馬刻さんはあたしにキスをして家を後にした。






それにしても…出かけるときのキス多いな…







これが恋人か←
prrrrrr




さなえからでんわがかかってきた。
貴方
貴方
もしもし??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あ!!!
あなた!!
荷物届いた??
貴方
貴方
荷物ってでかいやつ??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
そうそう!!
あたしは荷物を開けてみた。
貴方
貴方
なにこれ!?
中にはドレスやヒール、カバンが入っていた
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
乱数からだよ。
なんか試しにきてみてくれないかって…
だから私じゃなくてあなたにやれば?って言ったら
本当に送ったらしくて…
貴方
貴方
あー…
じゃあ着てみるね。
ちょうどパーティみたいだからね…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あなた、そのパーティでやらかしちゃダメだからね。
ヒプノシスマイクとかで相手潰さないでよ。
貴方
貴方
被害がなければやりませーん。
大丈夫でーす。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
…本当に??
貴方
貴方
本当です…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ふーん…
とりあえずそのドレス着てみて感想なり乱数に言ってねー。
よろしくー
そういって早苗は電話をきった、
貴方
貴方
まあ当日に着てなんとかなるでしょ…
そんなこと言ってるとき、当日に事件がおきる。
そのことを知らないあたしです。