無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

55
ことを遡ること少し前
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
よし…これならいいだろー……
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あたしはさっきのメイドのコスプレの方が良かったのに……
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
いや、これはサービス。
司会をするときだけ、DJでサプライズしてやろうと思いついた。
そうやって話してると
簓
あれ??
こんなところに嬢ちゃんがいるやん。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あ、貴方!!
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ぬるぬる簓さん!!
簓
ちゃうで!!
ぬるで!!
ささらや!!!
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
あ、ごめんなさい…
簓
ちゅーか、嬢ちゃん…
あなたちゃんか??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
え、いや…違いますよ…?
簓
へー……嘘はつかへんで。
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
……
簓
やっぱりなぁ…
なあなあ、記念に写真撮らへん??
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
へ??
簓
ほら!!
早苗ちゃんも!!
そういってあたしたちは三人で写真を撮った。













早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
今日は特別ゲスト!!
お笑い芸人簓さんと、DJ L.catの方々でーす!
早苗が司会の合図にあたしと簓さんはステージに出た。
簓
どーもー!
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
きゃー☆
みんな元気ー??
大学生
大学生
な、なんでDJいるの!?
大学生
大学生
てか簓さんなんて有名じゃん!!
すごくみんな盛り上がってる…
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ちょっと今、看板娘のあなたがいなくなっちゃったから私1人なんだけど…
緊急ゲストとしてDJ L.catを呼んじゃいましたー!
簓
なんなん??俺 俺オオサカからきてんで!?
俺も歓迎してや!!
DJ L.cat(貴方)
DJ L.cat(貴方)
ちゃんと歓迎してるって☆
簓さんなんて有名じゃん??
ぬるぬる??さらさら??
なんかどっちかにしてほしいよね!!
簓
どういうことや!!
そういう話をして観客は笑ったりしてくれた。






そのため、イベントは大成功に終わった。








簓
すごいなぁあなたちゃん。
DJもやってるんか。
貴方
貴方
…まあ、そうなんですよね…
このことは他の人には…
簓
大丈夫やで…って思ったんやけど、嬢ちゃん何ちゅー格好してんねん。
貴方
貴方
メイド服です。
簓
俺のメイドにならん?
貴方
貴方
嫌です。
簓
じ、じゃあ写真撮らせてや!!
貴方
貴方
早苗も来るなら。
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
ん??
なにか??
そういって三人で写真を撮った。





それが事件を引き起こす原因となるのであった。




















左馬刻サイド
左馬刻
左馬刻
チッ…
まだ終わらねえのか……
会議が長引くな…









ピコン







簓から連絡が来た。









『大学なうやで。  ついでにかわい子ちゃん2人見つけたから写真とったでぇ。
こりゃモテるわなぁ…^_^』






写真付きで送られてきたのでそれを見たら…









左馬刻
左馬刻
…あぁ!?
あなたのメイド服のコスプレと早苗のチャイナ服のコスプレと簓が写っていた。
左馬刻
左馬刻
…どういうことだよ!!!!
俺は簓に電話をしたが





出ねえな…
左馬刻
左馬刻
チッ……
あーイライラするぜ……
早く終わらせねえと……







そういって数十分後







会議が終わった。


左馬刻
左馬刻
おい、車出せ。
早く出せ!!!
あーイライラする…






早く行かねえと……














簓
じゃあ俺は仕事あるからまたなー!!
簓さんは大学を後にした。
大学生
大学生
あれ??
DJ L.catは??
早苗(さなえ)
早苗(さなえ)
あー!!
仕事あるからって帰ったよ!!
大学生
大学生
そうなんだ!!
大変だねー…
貴方
貴方
………;
なんとか誤魔化せるものなんだな……





バレなくてよかった…