無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

*4
○○
○○
あ、あの、
俺、イ・あなたって言います、
皆さんもパンPDから?
思いきって聞いてみる
シュガ(ユンギ)
シュガ(ユンギ)
あ?


怖ァ


なんなの?


パンPDに呼ばれて来たのか聞いただけじゃん!
グク
グク
ちょっと、ヒョン!
ごめんなさい!ヒョンが、
オォ!


ウサギくん良い子!


可愛いし💕
○○
○○
いえいえ、
君の名前は?
グク
グク
え?
○○
○○
え?
まって!


なんか変だった?
V(テテ)
V(テテ)
君、あなただったけ?
僕は、テヒョン!よろしくね‼︎
なんて良い子なんだ!


なんか、うん



天然みたいだけど
ジミン
ジミン
僕は、ジミン!
あなた君
よろしくね!
あなた君?



あ、そっか、



俺って言ったけ、


まぁ


練習生の登録は、男だし










いっか☆(良く無い)


パンPD
パンPD
よく来たね、
あなた、
○○
○○
あ!ちょっとパンPD!
呼んどいて



遅くないっすか?



あと誰?





この人達、誰?
 RM
RM
パンPD!
あの子は、誰です?
うん


貴方も誰です?
パンPD
パンPD
すまん
遅れてしまうとは、
○○
○○
あの、
話、逸らさないで頂いだけます?
BTS
BTS
☁️いや、言い方
なんか


すげー見てくるんだけど?


変だったかな?
パンPD
パンPD
簡単に言うと、
来年デビューするBTSにあなたを入れる
、、、、、、は?




BTS
BTS
え?
○○
○○
、、どういうことですか?
 RM
RM
そうですよ!
どういう事ですか?
俺だって


まだわからない


安心できる環境か、



安全が保証出来るか、
パンPD
パンPD
本当にすまない
だがあなたが居る事で
グループのバランスが取れるんだ
BTS
BTS
、、、、、
○○
○○
、、、、、、
まぁ


そうなるだろう


一緒懸命


7人で準備してきた物が


壊されるんだ
パンPD
パンPD
すまないが
頼むよナムジュン
 RM
RM
はい、、、
○○
○○
、、、
良いの?



本当に?


それで良いの?



悔しくないの?
パンPD
パンPD
あなた宿舎のカギだ
今日中に、来なさい
○○
○○
でも!
パンPD
パンPD
あなた
わかっている
安心しろ
> 挿入されたアイテム
○○
○○
っ、、
わからない、


何を考えて居るのか


大体





俺が



女って事に触れない



つまり






隠さなければならないって事





意味わかんない




とりあえず、
○○
○○
あ、あの、
 RM
RM
ごめんね、
とりあえず、宿舎に行こう
○○
○○
はい、
BTS
BTS
、、、、、
























いつも静かな作業室は





























より静かで緊迫な雰囲気だった