無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

*5
   あなたに対する思いは、それぞれ違った











 RM
RM
☁️やっぱり
 僕らじゃ力不足と思われたのか?
 
 一人部屋で考える
 RM
RM
☁️わからない
 でも彼が悪いわけじゃない


ナムジュンは、悔しいのと同時に

彼は,悪くないとも思った






















 













シュガ(ユンギ)
シュガ(ユンギ)
クソっ、、
シュガ(ユンギ)
シュガ(ユンギ)
☁️俺らだけじゃダメなのか?
 俺らの実力じゃ



ユンギは、悔しさが強かったようだった























ジミン
ジミン
なんで?なんでパンPDは、
ジミン
ジミン
あの子を入れようとしたんだ、
僕達だけでも大丈夫なのに
ジミン
ジミン
、、、、、
V(テテ)
V(テテ)
あの子可愛いかったね〜
ジミン
ジミン
、、、、
V(テテ)
V(テテ)
ジミンー?
ジミン
ジミン

ジミン
ジミン
ごめん!何?
V(テテ)
V(テテ)
あの子可愛いかったねって
ジミン
ジミン
え?
V(テテ)
V(テテ)
ジミナ
別にあの子が悪いわけじゃないでしょ?
ジミン
ジミン
ジミン
ジミン
そうだけど、
V(テテ)
V(テテ)
よかった(^ν^)


2人は、あなたの様子を見る事にした















グク
グク
はぁ、
グク
グク
☁️なんでだ?
ジン
ジン
グガ?
ジン
ジン
あなたの事どう思う?
グク
グク
どうっていわれても⁈
ジン
ジン
そうだよな
ジン
ジン
あとから来たヤツだし


2人は、あなたを敵対視していた























Jホープ
Jホープ
何がなんだかわからないや、
Jホープ
Jホープ
☁️でも一番辛いし、
 一番悔しいのは、ナムジュンだよな、


ホープは、ナムジュンに寄り添う事にした