無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

推し




僕は、歌い手さんを推してるんだけど、親の歌い手に対する偏見がすごいんだよね。





「顔出てないのになんでかっこいいとか言ってんの。」
「顔がブスだったらどうするんだよ」
「どこがかっこいいんだよ」




いやいやいや、顔じゃないんだよな
アイドルは顔がかわいいとか、かっこいいとかで売ってるからそりゃ顔が好きですって人はいっぱいいるよ。

でも、僕が推してんのは歌い手だから。
顔とか見た目で売ってるんじゃなくて、歌とか声で売ってるから。
だから僕もその人の声とか歌とか好きだったり、配信の雰囲気とか配信の内容が好きだったり好きな理由いっぱいあるから。





もっともっと僕は推しについて語れるよ?





僕に語らせちゃう?
いいの?


ってことで、僕はどんなことを言われても推し続けます。




推ししか勝たん!なので






じゃーなー