無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

くそなんで




僕、自分で言うのはなんだけどまじでくそなんで。






心を許した人には本音で本気でぶつかっていくんで。
僕、結構真面目そうに見えるんすよ。でも、ふざける時はとことんふざけるんで。
ふざけるけど、メンタル弱いんですぐ傷付きます。
自分からイジられに行って、ちょっと強くイジられたらしょんぼりなります。
自分の思ってることすぐ口に出たり行動に出たりしちゃうから、絶対誰かを傷つけてると思ってるんで。
自覚は一応あるんで。

でも、僕が好きな人にはこの僕のまま好きになってほしいから。僕は、自分を貫きます。
口が悪いのと性格がクソなのはまじで謝る。


でも、こんな僕でも一応人間の心はあるから助けてあげたいと思うし助けられたいと思う。認めてあげたいと思うし認められたいとも思う。

だから、出来たら僕には本音でぶつかってきてほしい。








文もおかしいし、今の感情だけで書いたから上手く伝わってないと思う。 







僕は、気持ちの伝え方が下手くそだから、嫌な気持ちになったらごめんね。







僕、くそなんで。





























恥ずかしいけど、、、大好きです。