無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

はぁ、、

 


やっぱり僕は、弱かったんだ。






もう少し自分の言葉と行動に責任を持たなきゃ。



人に迷惑しかかけてない。
頑張りが足りない。

もっともっと上へ行けるはずなのに。
もっともっと自分を追い込めるはずなのに。

僕の最高はまだまだ上なのに。






自分の弱さに絶望して、勝手に自分を壊して、周りに迷惑かけて一体僕は誰のためになんのために生きてるんだ。






もうわからないや。








最低な僕でごめんね。