無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

a





わたしは、bighitという事務所で毎日汗を流しながら練習をしている。









外は真っ暗で綺麗な月が輝いている。














まるで、物語の主人公かのように…。

















ねえ、いつまで待てばあなたは私を見つけてくれるの?












あなた
あなた
早く見つけて…





next