無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

76
2020/07/29

第5話

5
「あらロボロくんじゃない!」
近所のおばさんだ
ロボロ
こんにちは
「久しぶりねぇ、すっかり大きくなっちゃってぇ」
ロボロ
そうですねw
おばさんものんが居なくなって
7年経ったことをわかっていたのか

「じゃあおばさんはもう行くね」
ロボロ
あ、はい


のん
おばちゃーん!
「のんちゃんじゃない!」
ロボロ
おばさんこんにちは!
「ロボロくんも!
 いらっしゃい!どうしたの?」
のん
おばちゃんにあいたかったからきちゃった!
「あら、そうなの〜」
「あ、そうだ、飴ちゃんいる?」
のん
くれるの?!
ありがとう!!
ロボロ
ありがとう!


ロボロ
今考えたらのんより前に行動したことあったかな…
のんが居なくなってからは大変だった
まあそこで話しかけてくれたのが今のメンバーなわけだけど
ロボロ
うーん…



















それよりも俺は1つの疑問がある













ロボロ
なんでやろ
のんが消えた
死亡扱いされた
なのに
なんで
悲しいはずなのに
ロボロ
泣いてへん
まるで知ってたような…



ロボロ
よう…分からんな…