無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

75
2020/08/27

第7話

7
その場の人
え?
ロボロ
のんやんな…?





返ってきた言葉は残酷だった













「あなた誰?あとのんって誰?」
ロボロ
え……
ロボロ
だって、
その服お気に入りやったし
いつも2つ括りで
白いリボンつけてるやん!!












「…あぁ、あの子のんって言うんだ」




ロボロ
どういうこと…?
ロボロ
のんは?!
どうなったん!!!


「それは私からは口止めされてて言えないなぁ。
双子のお兄さん」

その場の人
双子?!
ロボロ
なん…
「7年前に聞いてるんちゃう?」




最後の言葉…
眠かったあの時…
いや、その前から何かを伝えたかったのかもしれない


「そののんって子からお兄さんにつくようにって言われてるんよね」
ロボロ
は…?
ロボロ
どういうこと?
「私はおと」
おと
のんって子につくように言われてるってだけ
ロボロ
…嫌や、ついてくんな
おと
嫌でもついていくよ
グルッペン
面白そうじゃないか
ロボロ
はぁ?
正気?
グルッペン
だって双子と同じ容姿をしているんだろ?
解明したいとは思わないのかね?
ロボロ
それは…
ロボロ
……確かに
おと
認めてくれる?
ロボロ
はぁ…
なんの目的があってついてくるんや
おと
それはお兄さんが見つけることだよ
ロボロ
はぁ?
コネシマ
まあまあ賑やかになりそうやんw
鬱先生
お前……こんな可愛い双子おったん?!
おと
このリボンは絶対に汚すなって言われたんやけどなんでなん?
ロボロ
……大切やからちゃう
おと
なんで大切?
買った日からのんはリボンをどこにいくのも毎日つけていた
それほど大切だったのか…
ちょっと嬉しい



ロボロ
それこそお前が見つけるべきちゃうか
おと
お前じゃない!
おと!!
ロボロ
はぁ…おとね
エーミール
まあまあ
チーノ
7年ってどういうこと??
ロボロ
…7年前にのんが失踪した
ロボロ
実家に帰ってたんはそういうこと
エーミール
…7年経ったって事は…
トントン
死亡ってみなされるんちゃうん
ロボロ
せや
シャオロン
そうなん…や……
ロボロ
まあまあ戦争にも勝ったし帰ろ帰ろ