無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
57
2020/04/22

第4話

プロローグ4
うわー、派手にやってるー……
俺達は夜でも賑わうロンドンで特に賑わっている部分を見る
FB
やばー……
KIKKUN
俺も見に行きたーい!
あろま
死ぬぞ、クズども
EOHEOH
……
俺は双眼鏡で様子を見、きっくんは目を輝かせてうずうずし、あろまはいつもどおり刀の手入れをし、えおえおは寝ている
FB
まあ、まだ行く時では無いから、待ってて、ね?
KIKKUN
ぷぅー
俺が静止すると、きっくんは頬を膨らませる
あろま
おい、そんな事より、ブツはどうすんだ
あろまは金庫を指差す
FB
うーん……まあ、まだ大丈夫だよ
KIKKUN
そうだぞあろま、勿体無いぞ!
きっくんは俺の意見に便乗する
FB
とにかく!暫くは大人しくすること!
皆に伝えてね!
KIKKUN
はーい
きっくんはどこから持ってきたのか分からないポテチを持ち、外に出る
あろま
暫くフリー?
あろまの問に俺が首を縦に降るとあろまは外に出た
FB
えおえお!起きろ!
EOHEOH
……
えおえおは俺を睨みつけ、起きる
EOHEOH
なに?
FB
今、色々ロンドン騒がしいけど、MSSPは暫く大人しくすること!
部下にも伝えて!
EOHEOH
……分かった
明らかに面倒くさそうな顔をし、伸びをしながら、えおえおは外に出た
FB
ふぅ……
まとめる側も疲れる……
…………………………
どうも
ぬこりんです
MSSPはマフィアということになってます
軍人の方があってるけど、スーツ似合いそうじゃん?
という偏見
では