無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

322
2020/09/05

第8話

一緒に入りたい?
風磨)先、風呂入ってきちゃいな? 着替えは俺の置いとくから。
あなた)ん、わかった!ありがとうっ
風磨)なに、一緒に入りたい?笑 ...なーんてな、ほら入ってきな?
あなた)っ...///


顔を真っ赤にして風呂に急ぐあなた

え、なに、満更でもない感じ、?

ほんと可愛すぎんだろ...

俺は冷房の効いた部屋で火照った顔を冷やす。


あなた)先輩?お風呂ありがとうございました!
風磨)んじゃあ俺も入ってくるから、そこら辺で適当にくつろいでて


夜はまだまだ長いのに早く話したくて、抱きしめたくて、いつもより早く風呂からあがる。


風磨)あなた、おまたせ
あなた)あの、先輩、エアコンのリモコンってどこですか、? ちょっと寒くて...


たしかに風呂に入る前、暑くて温度を下げたままだった。

リモコンは窓のとこにあったはず...

そう思い取りに行こうとしたけど、やっぱりやめた

そしてソファに座る


風磨)ねぇ、ここ座って?