無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

298
2020/09/07

第13話

おはよ
風磨)んーー、


窓から差し込む光で目を覚ます

隣には可愛らしいあなたの姿。


んふ、俺のこと好きすぎない?

まだぎゅーしてるんだけど、笑


風磨)あなた〜、おきてー、仕事遅れるよ?
あなた)んー、ねむい〜〜
風磨)だーめ、起きて
あなた)...ぎゅーして、


なにこいつ、朝から可愛すぎんだけど


風磨)はいはい、ぎゅー
あなた)ん、ぎゅー
風磨)起きた?
あなた)起きたぁ
風磨)おはよ
あなた)おはよぉ、




こんな事が幸せなんだと思う