無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

322
2020/09/23

第10話

合格
風磨)ほら、言って?


風磨)はーやーく。
あなた)ふ、ふぅま...っ//
風磨)なに?聞こえない、お仕置ね、


そう言い、あなたの唇にキスをする

そりゃ聞こえてるけど、頑張って俺の名前を呼ぼうとするあなたが可愛くてまだ見ていたい。


あなた)っ...ばかっ///
風磨)まだ言えないの?
あなた)い、いうもん...//


「言うもん」だって、かわいいんだけど。

でも俺はそう簡単に言わせてあげない

あなたの首、頬、瞼、手...いろんなところに口付ける。


あなた)ふぇっ..// やっ、なにしてっ..///
風磨)早く言えって、言わないとやめないよ?


そう言いながらキスを続ける


あなた)ふまっ...//
風磨)だめ、もっと
あなた)ふまっ、ふうまっ...!///
風磨)ん、合格。


そう言い、最後に首筋にキスマークをつける


あなた)んぅ、いたっ...なにしたの、?
風磨)なんでもないよ。さっき借りたDVDでも見よっか。
あなた)うんっ!