無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

395
2020/09/04

第2話

夜空いてる?
告白しないのかって?

そんなの今まで何回もしようと思った

けど俺は素直になれなくて、いつも言えずにいた。

でもそんなんじゃダメだよな、

他の男に取られる前に言わないと、

ほかの男じゃなくて俺があなたを幸せにしたい。


そう思ってからもう1週間も過ぎてしまった

でも、今日こそ言おう。

そう思って、思い切って声をかけた。


風磨)あなた、今日の夜空いてる?飯でも行かね?
あなた)ほんとですか?! やったぁ! 菊池先輩とご飯行くの久しぶりですね! 仕事頑張って早く終わらせちゃいます!
風磨)おう、頑張って(笑)


くそっ、かわいすぎんだろ、

平然を装ってたけど内心はすごくドキドキしてた。

やべぇ、顔ニヤけそう...


とにかく会うのが楽しみすぎて、仕事なんてあっという間に終わった。