無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

342
2020/09/04

第3話

行こっか
仕事が終わり外に出るとあなたがいた。

俺のことを待ってたのかと思うとすげー嬉しい


あなた)先輩、仕事お疲れ様です!
風磨)ん、ありがとな。んじゃ行こっか、店予約しといたから
あなた)先輩さすがです!ありがとうございます!!
風磨)ふはっ、笑 ほら行くぞ


夜道を2人で並んで歩く。

周りから見たらカップルに見えるのかな、

あなたは周りのイルミネーションに目を輝かせてはしゃいでいる。

そんなあなたが可愛くて愛おしい。




















₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

作者ですっ!!

近々この小説できた理由説明しますね〜

まぁそれも関係してそのうち小説消しちゃうかもですww

あと今一気に更新したら亀更新かもしれませんごめんなさい🙏💦