無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

324
2020/09/06

第12話

可愛い寝顔
とゆーことであなたを起こします。

あ、もちろん写真も撮ってからね


風磨)あなたー、起きて〜〜
あなた )んぅ...ふま? 私寝ちゃってた...?
風磨)うん、ここだと風邪ひいちゃうからベッド行こっか?
あなた)んー、わかったぁ


ゆっくりと起き上がるあなた

離れてく体が少し寂しい。


風磨)ベッド俺と一緒でいいよな?
あなた)ん、だいじょぶ...
風磨)じゃ入って、明日も会社あるし寝よっか
あなた)ふま、
風磨)ん、なに?
あなた)あの、ぎゅってしてほし、
風磨)さっきので怖くなっちゃった?


こくっと縦に首を振るあなた。


風磨)かぁいいね、いーよ、こっちおいで


俺の胸に顔を埋めるあなた

あなたはほんとに小さくて、俺の腕にすっぽり入る。


あなた)ふま、おやすみ
風磨)ん、おやすみ


少ししたら、すーすーと聞こえてくる寝息。

もう寝たのか、と可愛い寝顔を見て微笑む


あなた)ふま...すき...


え、? これ寝言??

俺の夢でも見てるのかな、なんてそんな事を思って





風磨)あなた、愛してるよ


俺は眠りについた