第9話

🌎
1,737
2018/07/06 14:09
な。
な。
あ。。
何かを思い出したあなたちゃん。
な。
な。
そ-いや,ふざけてるよね,部屋割り。
そう,部屋割りの時のことを思い出したのです。
じひょ
じひょ
あ ,うん,だね。
な。
な。
いや,あれ,虐め。うん。殺しにかかってる。うん。
じみん
じみん
うん,あれは虐め。
な。
な。
(地味にするー)
な。
な。
でさ。この間幼馴染ちゃんのウジ(い・じふん)に会ったんだけどさ,その横に明らかにぶりっ子っていう友達がいたのよね。で,彼女?って聞いたら違う。って言ったからじゃあ誰って言ったらお友達ですよ。お?って言われてさ,そこまではいいのよ。問題は次よ次。その明らかにぶりっ子ぽいこがこう言ったのよ。〝こぉんにぃちぃわぁ。わぁたしぃはぁ,きぃむさぁらぁんぅでぇすぅ。よぉろぉしぃくぅねぇ〟って。その瞬間«おえ»なったわ。







その場面☟☟☟
ぶりっ子〝〟
幼馴染(うじ。)「」
あなた«»
«お,う-たんじゃん»

「いや俺,イ・ジフン様だから」

«で,その横の明らかにぶりっ子感の子は誰?彼女?»

「いや,お友達ですけど。お?」

«んで,名前は»


〝ぁ ,こぉんにぃちぃわぁ。わぁたぁしぃはぁ,きぃむさぁらぁんぅでぇすぅ。よぉろぉしぃくぅねぇ〟

«あ,ごめ,吐き気してきた»

「ぎゅっ」

「これで吐き気しねぇだろ?」

«え,優男。»

「だろ?」

«おう。惚れた»

「え,好き」

«急に告白すんな»

「お前もな」

«あ、さーせん»
あ,うじ«イ・ジフン»はseventeenのうじだお。
«で,seventeenど-なの。最近»

「いつもどうり」

«へ-»

「TWICEはど-?」

«こっちもふつ-»



プリ小説オーディオドラマ