前の話
一覧へ
次の話

第3話

R-18 【永瀬廉】
1,896
2019/07/22 12:22
『ただいま~、』





廉「おかえり~!ギュッ」





廉「クンクン 男の匂いがする、今日飲み会とか行った?」






『うん、会社の同僚が誘ってきて、』





廉「そこに男もおった?」





『居た、』






廉「男が居る時飲み会言っちゃダメって言ったやん」






廉「悪い子にはお仕置きやなニヤッ」





そう言って 廉は私のYシャツのボタンを外していった





気付くともう上半身 裸




『ッ、、/////』






廉「なに?あなた照れとるん?(黒笑」






『て、照れてないもんっ!///』





廉「ふーん、ニヤッ 」






廉「じゃあ照れるまでじっくり遊んであげる」


そう言って今度は下を脱がせてきた




『アッ、れ、廉ッ、、イヤッ』






廉「ん?何?ニコッ」





廉「ここからが本番だよ?」





廉は右手で右胸を揉み



左手で下をあそび、



口で私の乳首を舐めたり甘噛みしたり





私が恥ずかしがることばかりしてきた





『ンッ、、、アンッ、、、イヤッ、/////』





廉「照れた?(黒笑」




『て、照れたからッ、もうやめて、ッ、アッ、』





スッ遊ぶのを辞めた





『えっ、、?』





廉「ん?何?まだ続けて欲しかったん?ニヤッ」






『んぅ、、、///// コクッ頷く








廉「ええ子 ‪w」
廉「素直やな~笑 」




ズプズプ






そう言って廉の太くて長いアレを私の中に入れてきた










もう普通に長いので2,3話に分けて出します!

プリ小説オーディオドラマ