前の話
一覧へ
次の話

第60話

リクエスト!!__お父さんとばったり
881
2021/11/27 16:37


あなた side













今日は久しぶりの猛くんとデート!!











最近買ったお気に入りのワンピースを着て、メイクも髪もバッチリ整えて家を出ようとする。












あなた

いってくるよ~ん!

橋本
ッあ!お待ちくださいお嬢!






ドアの手すりに触れようとする私を引き止めた橋本。(あ、あなたさまが住んでいるとこの執事です)










なんだよっっ!!こっちは猛くんに早く会いたいんだよっ!!









あなた

なに?どうせしょうもない事なんでしょ~。




.
橋本
お、お父様がこちらへ来るとのことです。
なるべく早めにお帰りなられた方がよろしいかと、!
あなた

あーはいはい。お父さんねー。












めんどくさいから橋本の話は聞き流す。












…ん??でも今お父さんって言った…??











あなた

…え"!!!

あなた

お父さん?!!!!?!!





---------------------------------------------------






.
相良猛
相良猛
あ!あなたちゃ~ん!♡
あなた

た、猛くん~!♡

相良猛
相良猛
今日もかわいーねぇ~♡
あなた

え、えへへへ、。














待ち合わせ場所に行くと既に猛くんはついていた。











橋本に聞かされた急な お父さん来ますよ 宣言。







説明しよーう!!







道明寺あなたのふぁざー、道明寺 龍也どうみょうじ たつや








私のぱぱはここらじゃ(なんなら日本で)有名なヤクザです。☆






















ぱぱの血が流れているわたしは多分こんな強くなっちゃったのだと今でも思う。







も、もしも…猛くんと私が歩いてるところをぱぱに見られたら…。。










_________________________

(あなたちゃんの回想です)





あなたぱぱ 「…ちょいと、裏でお話しませんかァ…?」






猛くん 「…ひぃッ…!!…は、はいぃ…」






_________________________





ってなるに違いない!!!!!








どうしよう!!!!ぱぱに見られないようにしないと!!!!!








.
相良猛
相良猛
どこ行くぅ~??
あなた

え、ん、んーとねぇ~。










パパが行かなそうな所、パパが行かなそうな所、…。、












はぁっっ!!!










あなた

サテン行きたい!!新メニュー出たらしいから飲みたいなぁ~♡









よし、、サテンならぱぱ絶対来ないでしょ…。








.
相良猛
相良猛
わかったっ!♡
じゃあ、サテン行こ~!!





そう言って猛くんは手を差し出す。












あは、猛くんのお手手ゴツゴツしてて包容力あって好きなんだよなぁ~♡











私は猛くんの手をそっと掴んで進んだ。

















「あれれ。あいつ、あなたじゃねぇか??」






~







相良猛
相良猛
あなたちゃん、美味しい??
あなた

うんっ!美味しい~♡








サテンに来た私たちはさっそく新メニューを頼んだ。










よし、これで安心しておデートできるぅ♡
相良猛
相良猛
んふ、かわい~、♡





猛くんはモグモグと食べる私を愛おしそうに見て笑っている。









猛くんの方が可愛いジャン!!!!!♡













カランカラ~ン





「 いらっしゃいませ~ 」









「やっぱり!!あなたじゃねぇか!!」











急に後ろから野太い声が聞こえた。







あなた

相良猛
相良猛
…あなたちゃんッ…あいつ、誰…?









やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい。










はい、道明寺大ピンチなうです。













どうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう。













この声は…、!!!!!!












あなた

パパ…。

相良猛
相良猛
…え。










「あなた~元気してたか~?♡」








私はロボットのようにゆっくりと私の隣に座ったパパを見た。









そうです。フラグ回収しました。


道明寺龍也来ました。











首には龍のタトゥー、黒いサングラスに少し色が落ちた金髪。


うん絶対ヤクザだって分かるよねどうしよう大ピンチ。




だってねもう猛くんだって固まっちゃってるもん。








あなた

パパ~…、元気…だったよ…~?笑









私は今できる限りの笑みを浮かべたけど絶対引きつってた。










パパ 「 良かったぁ~、あなたが元気じゃなかったらパパ悲しいからなぁ! 」









ワッハッハ と豪快に笑うパパ。









そう、パパは娘である私にものすごく過保護。









するとパパは向かいの席に座っていた猛くんを見た。










ごめん猛くん。










パパ 「…え、もしかして彼氏??」






あら、すっごいどストレートに聞くのねパパ。













どうしよう、今まで男と喧嘩してきた時でさえ触れたところに消毒させられたのに…!!!!!







あなた

え、…んー、いや、…あ、…








私がワナワナとしていると、






相良猛
相良猛
はい、道明寺あなたさんとお付き合いさせて頂いています。
相良猛
相良猛
相良猛って言います!





真剣な顔で、パパの方を見てそう言った猛くん。











あああああ、そんなこと言っちゃった暁には…






_________________________
(あなたちゃん回想)







パパ 「 あなたに彼氏なんて100万年早い!!!!!!
〇すぞ!!!!!!」






チャカを構える






猛くん 「ひぃぃぃ!!!!!すみません!!!!!!!!」







_________________________







ってなるに違いない…!!!!!!!!!!









恐る恐るパパを見てみると、









うわ、もうめっっっっっちゃ真顔。


真顔ザ・ベスト。












パパ 「そうか~。あなたに彼氏か~。」








そう言って肩を組んでしょうがなさそうに笑った。





あなた

…ん?






パパ 「ん?」






ん??








あなた

…怒らないの…?







パパ 「ん?なんで逆に怒ると思ったの?」






ポカンとした顔でこちらを見るぱぱ。


いや、こっちがポカンだわ





あなた

いや、怒らないならいいけど…






パパ 「 でもなぁ、うちのかわいいかわいいあなたを泣かせたらこれだからなぁ! 」





これ と猛くんに言いながら手で鉄砲を作る





いやこれ冗談っぽく言ってるけどガチだよねぱぱ。やるつもりだよねぱぱ。







相良猛
相良猛
あ、あはは…汗





その後、パパと猛くんは仲良くなって3人デートしちゃったあなたちゃんでした。







.



すっごくすっごくお久しぶりでございます汗🙇🏼



たま~に投稿する可能性あるかもしれません🙇🏼

プリ小説オーディオドラマ