無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

部屋(🔞)
深澤辰哉
深澤辰哉
あなた!
○○
○○
((急いで携帯を隠した
深澤辰哉
深澤辰哉
なんで隠したの?
○○
○○
べつに…
深澤辰哉
深澤辰哉
あのさ…ご、ごめん┏●
○○
○○
えっ?
深澤辰哉
深澤辰哉
あなたの気持ち全く考えてなかったし俺のただの嫉妬だし…本当にごめん┏●
○○
○○
ふっか…
○○
○○
ハグして?
深澤辰哉
深澤辰哉
((あなたのところに行ってハグする
○○
○○
やっぱり…落ち着く…
○○
○○
怒ったりしてごめんね?
深澤辰哉
深澤辰哉
((-ω-。)(。-ω-))ウウン
深澤辰哉
深澤辰哉
あなた?
俺でいいの?
○○
○○
変なことばっかり言ってごめんね…
○○
○○
でも、私は、ふっかしか嫌だの!
深澤辰哉
深澤辰哉
あなた可愛すぎ
°ʚ( *´꒳))ω`,,)ギュッ♡
○○
○○
((少し離れて…チュッ
深澤辰哉
深澤辰哉
フッ((押し倒す
○○
○○
わあっ…///
深澤辰哉
深澤辰哉
チュッ…チュッ…チュッ…
○○
○○
…チュッ…チュッ…
深澤辰哉
深澤辰哉
チュッ…レロレロ
○○
○○
ンッ…チュッ…レロレロレロ


口を離すと…2人の口から糸を引く



深澤辰哉
深澤辰哉
俺でいいんだよね?
○○
○○
( ˙꒳​˙ )ウン!!¨̮⑅*
深澤辰哉
深澤辰哉
😊
深澤辰哉
深澤辰哉
チュッ…チュッ…チュッ


色んなところに…キスしていく
○○
○○
ンッ……
深澤辰哉
深澤辰哉
チュッ…
キスしながら右手で胸を揉む
○○
○○
ンッ…アッアッ…ヤダ…
深澤辰哉
深澤辰哉
チュッ…チュッ…嫌じないくせに…




着ていた服を脱がされて…下着も脱がされた
○○
○○
恥ずかしい…((手で隠す
深澤辰哉
深澤辰哉
あなた…綺麗だよ?
見せて?
○○
○○
深澤辰哉
深澤辰哉
もぅ…チュッ…チュッ
キスしながら胸を揉んで…


乳首を触る
○○
○○
ンッ…アッ…ンッ…ふっ…か…気持ちいい…///
深澤辰哉
深澤辰哉
下は…グチョクチョだよ?
○○
○○
もぅ、やら… 
言わないで…///
深澤辰哉
深澤辰哉
ズルズルズル((吸ってる
○○
○○
ヤッ…ふっか…ヤダ…ンッ…ンッ
深澤辰哉
深澤辰哉
そろそろ、いれていい?
○○
○○
((頷く
深澤辰哉
深澤辰哉
((いれる
○○
○○
アッ…イタッ…ンッ
深澤辰哉
深澤辰哉
大丈夫…
だんだん気持ちよくなるから…
深澤辰哉
深澤辰哉
ンッ…ヤバイ…あなたの中…気持ちいい…
○○
○○
ンッ…


パンパンパンパン
深澤辰哉
深澤辰哉
少しスピード上げるよ?
○○
○○
ヤッ…ヤダ…ンッ…アッアッアッ…ンッ
深澤辰哉
深澤辰哉
…ンッ…アッヤバイ…
○○
○○
ふっか…なんか…くる…ンッンッ…
深澤辰哉
深澤辰哉
いけよ…///
パンパンパンパンパンパンパンパン
○○
○○
アッ…ダメ…ンッアンッ…ハァハァ
深澤辰哉
深澤辰哉
お…俺も…



あなたのお腹の上に出した







20分後…






2人とも服を着てベッドでハグしながら…




○○
○○
ふっかありがとう!
深澤辰哉
深澤辰哉
あなたこそ、
俺を選んでくれてありがとう
○○
○○
○○
○○
気持ちよかったよ…///
深澤辰哉
深澤辰哉
それは言うなよ…///
俺もだけどね…///
○○
○○
…///ばーか(笑)
深澤辰哉
深澤辰哉
大好き
○○
○○
あなたも大好き!