無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

episode。




チェリョン。
チェリョン。
ジミンさんッ。ちょっといいですか?
ジミン。
ジミン。
ん、?いいよ。
チェリョン。
チェリョン。
あのさ、お姉ちゃんに近ずかないで。
ジミン。
ジミン。
え?
チェリョン。
チェリョン。
私はお姉ちゃんと二人でお空で暮らすんです。
ジミン。
ジミン。
な、何言ってんだ?
チェリョン。
チェリョン。
とりあえず今日残ってくださいね。
ジミン。
ジミン。
わ、分かったから、やめろよ。
チェリョン。
チェリョン。
無理ですよ。ジミンさんが悪んですよ。
ジミン。
ジミン。
お、おい!
はぁ。あの時もっと真剣に止めなかったのだろう。
最低だよな、俺。




チェリョン。
チェリョン。
お疲れ様ですッ!あ、ジミンさん、待ってくださいねッ。
ジミン。
ジミン。
あ、うん。
You。
You。
お疲れ様でした!
チェリョン。
チェリョン。
後でね!
You。
You。
うん!
You。
You。
じゃあね、오빠!
ジミン。
ジミン。
う、うん、!
チェリョン。
チェリョン。
こっちです。
ジミン。
ジミン。
え、うん。


チェリョン。
チェリョン。
はい。運転してください?
ジミン。
ジミン。
わ、分かった。
そこから俺はチェリョンの指示されるまま運転をしたんだ。
あるコンビニで車を止め、チェリョンと交代したんだ。
チェリョン。
チェリョン。
掴まってて下さいね。
ジミン。
ジミン。
わ、分かった。
そしてある道で急にスピードを上げた。
するとそこには人が居て、
車に衝撃が来たんだ。

























>>next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

열 메 。
열 메 。
안녕👋
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る