無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

episode。
ジミン오빠と、話終えて外に出ると、
さっきの雨が嘘のように晴れていた。
You。
You。
ん?テヒョン오빠?
テヒョン。
テヒョン。
久しぶり!お迎えに。
You。
You。
え!?なんで?なんで分かったの?
テヒョン。
テヒョン。
ジンヒョンから、聞いた。
You。
You。
そうだ。昨日連絡したの忘れてた。
テヒョン。
テヒョン。
笑笑
You。
You。
迎えに来てくれてありがとう。
テヒョン。
テヒョン。
当然だよ。笑
テヒョン。
テヒョン。
ほら、車に乗って!
You。
You。
え。テヒョン오빠、運転できるの?
テヒョン。
テヒョン。
いや?グクがね、笑
テヒョン。
テヒョン。
今休憩中。
You。
You。
そうなんだ!
You。
You。
グク오빠?起きて?
ジョングク。
ジョングク。
起きてるよ笑
You。
You。
わッ。驚かせないでよ笑
ジョングク。
ジョングク。
ごめん、ごめん、
You。
You。
よしッ。오빠達の所へ!
テヒョン。
テヒョン。
LETS GO!
You。
You。
GO!
ジョングク。
ジョングク。
元気だね。笑
You。
You。
まぁね、笑















ジミン오빠と、居る時とはまた違う楽しさ。
오빠達には何度も助けられてきた。
こうやって接せられるのだって。


>>next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

열 메 。
열 메 。
안녕👋
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る