無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

episode。
You。
You。
え。私が、、?
医者。
残念ながら、、
医者。
実は過去にも一度…
医者。
その時は一部だったんですが、
医者。
今回は少し…
You。
You。
そうですか、
You。
You。
ありがとうございました。
医者。
それでは失礼させていただきます。
You。
You。
ありがとうございました。




コンコンノック音
You。
You。
はい。
You。
You。
あ、先程の、
ユンギ。
ユンギ。
さっきは急にすいません。
ユンギ。
ユンギ。
俺、ミンユンギっていいます。
You。
You。
ユンギさん。初めまして。
ユンギ。
ユンギ。
…初めまして。
俺は遠慮なんかしねぇ。全部言うんだ。
ユンギ。
ユンギ。
全部話すな。俺、いや、俺らの関係を。
ユンギ。
ユンギ。
お前は昔俺らの事務所に務めてた。
ユンギ。
ユンギ。
俺らのマネージャーとして、
You。
You。
じゃあ今は?
ユンギ。
ユンギ。
今は俺らが休止中でお前もなんだ。社長がそう言ったんだ。
You。
You。
なんで休止中なんですか?
ユンギ。
ユンギ。
後で話す。ちょっと待て。
ユンギ。
ユンギ。
お前には彼氏がいるんだ。
You。
You。
わ、私に、、?
ユンギ。
ユンギ。
おう。でそいつ今、刑務所に居る。
You。
You。
え。刑務所?なんで、なんで?
ユンギ。
ユンギ。
それはお前と関係しているんだ。
ユンギ。
ユンギ。
お前は前に一度事故に合ってる。
ユンギ。
ユンギ。
その時の車に乗っていたのがその彼氏のジミンだ。
You。
You。
それなのに刑務所に?
ユンギ。
ユンギ。
そうなんだ。その場所が歩行者優先で、
You。
You。
そんなことで、
You。
You。
私の力でどうにか出来ないんですか?
ユンギ。
ユンギ。
それは俺らが今やろうとしているんだ。
ユンギ。
ユンギ。
お前のお兄さんが警察官なんだが、
ユンギ。
ユンギ。
どうにか力になってもらおうと思っている。
ユンギ。
ユンギ。
お前も力になってくれるか。
You。
You。
もちろん。
You。
You。
ユンギさん。よろしくお願いします。
ユンギ。
ユンギ。
あぁ。他のメンバーも呼ぶな。
You。
You。
はい。





あの。内容変わりすぎてごめんなさい。





















>>next。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

열 메 。
열 메 。
안녕👋
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る