無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話
花曇 鈴
花曇 鈴
母さん!見て!
花曇 鈴
花曇 鈴
合唱コンで優勝したんだ!
花曇 莉音
花曇 莉音
そうなの?凄いねぇ……
花曇 莉音
花曇 莉音
鈴…声、大人になったね
花曇 鈴
花曇 鈴
……うん、もう中学生だよ?
花曇 鈴
花曇 鈴
声変わりするよ……
花曇 鈴
花曇 鈴
あ、そ、それとね_________
「吹奏楽部でも賞を取ったんだ」

そう告げる前に、母さんは吐血をした

花曇 鈴
花曇 鈴
…母さん?
花曇 莉音
花曇 莉音
ゴホッゴホッ
花曇 鈴
花曇 鈴
あ、ま、待ってて!今すぐナースコールを!
ナースコールを押すことしか出来ない僕に嫌気がさす

なんで……母さんのことを救えないんだよ

合唱コンや吹奏楽で賞を取ったからなんだ

僕には、俺には母さんが居ないと何も意味がないんだよ